baccarat

服部真澄氏がバカラというお話を書くくらい、バカラ というカジノゲームには面白い過去や未来、そしてそれにまつわる都市伝説からなんと事件まで起こってしまうくらい、カジノの世界ではバカラゲームはポピュラーなのです。

他にも、井川氏本人が書いた「熔ける」、尾嶋氏の「天国と地獄」、新堂氏の「闇の貴族」など様々な著書が発刊されています。巨額のアンダーグランドマネーのイメージが強いバカラですが、その大昔では貴族が遊ぶ高貴なカードゲームだったのです。

オンラインカジノファンも必見!バカラその昔

プントバンコがバカラの由来であるということは、皆さんご存知なはずですが、その前は南米より渡ってきたというのはご存知でしょうか?

バカラはアメリカに渡りバカラ と呼ばれるようになりましたが、プントバンコもまた南米が発祥の地であると伝えられている国もあります。

イタリアでは好奇なゲームだったバカラですが、フランスでは高貴なゲームでも禁止されていました。1490年代にイタリア兵士がフランスに落ち込み、これはナポレオン時代には、2つのバカラゲームが楽しまれていたのですが、1837年にルイ・フィリップ国王が賭博自体を国ごと禁止にしてしまったからです。

高貴な貴族のゲームであったバカラも国から禁止されていては、見つかり次第大変なこととなってしまいます。昔の違反者は、公開処刑になるなど、今からでは想像できないような重罰も課せられていたようです。

しかし、イタリアが発祥の地なのか、南米なのか、中国であるのか、昔の人に聞いてみないことには判明しない事実であるのも本当。

バカラとジェームスボンド

2006年に公開された映画007では、ポーカーがお目見えされていますが、007サンダーポール作戦、女王陛下の007、007Your eyes onlyそして007ゴールデンアイでは、バカラが登場。

これを見る限り、ボンドは実はポーカーファンではなく、バカラファンだったということですね。そしてさらには、007の作者であるイアン・フレミングがバカラのハイローラーであった可能性もあるのでは?という都市伝説まで上がってきています。

オンラインカジノサイトの中には、ジェームスボンドと名のついたバカラゲームも存在しています。

これは本人に確認をしてみないと真相がわからない話なのですが、ここでは「実はボンドはバカラ好きであったのでは?」というところまでとなります。

アジアのベガス

アジアのラスベガスと呼ばれているマカオでも、バカラは国の収益の基盤となっているほど人気があるカジノゲームです。

2014年のカジノにおけるマカオの収益は、91%がバカラによるものであると報告されています。マカオのバカラ場では特に厳しい規制はなく、自由気ままに皆がバカラを楽しむことが可能です。

マカオだけではなく、日本から飛行機で少し南に降ったフィリピンでもマカオは人気です。

フィリピンカジノも有名ですが、ここでもバカラテーブルがカジノ全体の9割という、バカラ天国となっています。韓国バカラと比較すると比較的最小ベット額がさらに低くなりますので、カジノツアーでフィリピンに出かける日本人が多いのも納得です。

破産ゲーム

どこの国においても、バカラはダークカジノのイメージがつきものですが、これはどの国においても破産者が後を耐えないゲームにバカラが多いからといえます。

一瞬で勝利をあげることができるゲームなだけに、一瞬で大きく負けてしまうこともあるハイリスクなゲーム、それがバカラなのです。

大王製紙の井川氏もまた、最初は70万円からのベット額で数千万円を勝ち取り、その後数千万円を一気に賭け、更なる高額配当を手にしたことがきっかけで、多額の負債金を背負う羽目になりました。

「あっというまに負けてしまったら、一旦その場所から離れましょう」と、どこの記事を読んでも記載してあるのにもかかわらず、なかなかテーブルを後にできない人が多いゲーム。

バカラとミニバカラ

どちらが人気なのでしょうか?バカラとミニバカラ。バカラとミニバカラの違いはテーブルに着席できるプレーヤの数と制限されたルールの違いなのですが、早く勝負がつくのはミニバカラの方です。ミニバカラは一つのテーブルに7人までプレーヤーが着席することが可能で、基本のバカラの12人から14人というのと比べると半分ということになります。

ミニバカラの方が最小ベット額が低く、初心者でも賭けやすいのが特徴ですが、ここでもまた、ミニバカラはバカラと比べるとダークなバカラと呼ばれています。

オンラインカジノでバカラを遊ぶ際には、危ないバカラで騙すトリックを活用するよりも、

チップコントロール法を活用すると良いといえます。チップコントロール法は、日本では投資法と呼ばれており、各金額を、増やしたり減らしたりしながら上手く賭けていくことによって、負債が多額にならないように遊ぶことが可能です。このチップコントロール法は、ブラックジャックにも適用されている攻略法ですので、ぜひ覚えてみてはいかがでしょうか?

3枚目のカードが配られない?!

プレーヤーかバンカー、どちらかのカードが8か9となった場合、ナチュラルとなりますので、もう片方が3枚目を引くことがないのは、皆さんもうご存知であると思いますが、実はこの他にもどちらもが、6または7でも3枚目を引くことはありません。この場合、そのまま勝負となるため、3枚目のカードを引く必要がないためです。

では、3枚目が配られる条件とは?3枚目が配られる条件として、配られた2枚のカードの合計が5以下だった場合のみに適用されます。しかし、バンカーが3枚目のカードを引く条件は非常に複雑ですが、初心者の方、まずは、バンカーの合計が6以下だったらバンカーにも3枚目のカードが与えられるということを覚えておいてください。

バカラはカブトムシ?

昭和初期の少年達は、虫かごからカブトムシを取り出して、カブトムシ相撲をしながらお昼ご飯後のおやつを賭けていたそうです。このカブトムシ相撲、対戦しているカブトムシの持ち主同士が賭ける勝負ではなく、観覧者が右と左のどちらが勝つかにおやつを賭けていたそうです。右側のカブトムシと、左側のカブトムシの持ち主のおやつは一体どこにいったのかが気になるところですが、これ、バカラと非常に似ていませんか?

何気なく遊んでいた子供の頃のゲーム、実はバカラに似た遊びは山ほどあるのではないでしょうか?

オンラインカジノは便利?

オンラインカジノのバカラプレーヤー。ハイローラーは世界中にたくさんいますが、国内のバカラプレーヤーの話を聞くと、オンラインカジノサイトにおいては、スロットとバカラを行き来きしながら、負けを免れている人もいるようです。一旦バカラで負けループに入ったと感じたら、スロットへ移動してまた、勝ちループに入ってきたと感じたら、バカラにもどる。そういう遊び方ができるのは、オンラインカジノサイトで配信されているバカラゲームならではの方法であるといえます。

オンラインカジノサイトには、ゲームがたくさん揃ってありますので、気分転換に様々なゲームにチャレンジしながら、勝ちルーピングを巻き戻すのも良いといえます。

まとめ

オンラインカジノのみならず、バカラは自宅でも簡単にプレイできるゲーム。しかし、ここで金銭を賭けるわけにはいきません。

金銭や商品を賭けてしまうと違法扱いとなりますが、そんなバカラのおもしろ裏話、心が少し穏やかな気分になって、バカラゲームに参加できるのではないでしょうか?

#StandWithUkraine

#StandWithUkraine - 私たちはウクライナ人を応援しています。ロシアはただウクライナ人を攻撃するわけではありません。
これは民主主義の価値、人権や平和との戦争です。私たちは影響を与え、募金してウクライナ人を支援することができます。

寄付オプション1 寄付オプション2