online casinos

オンラインカジノやオンラインギャンブルで楽しくプレイするには、ある程度の自己設定が必要です。

自己設定を怠ると、せっかくの楽しいオンラインカジノが人生を悪い方へ逆転させてしまうかもしれません。

一度悪い方向へ道が外れてしまうと、修復が困難な他、元に来た道に戻れない場合もあります。「気づいた時には遅かった」などといったことがないように、予めリミットを設定することが肝心です。

ノーリミット、フリープレイは大変危険です。

オンラインカジノでの自己コントロール

オンラインカジノのサイト後方部を見ると、ほとんどのカジノサイトで責任あるプレイと呼ばれるページが付属されています。

これは、カジノサイト自体でも安全なプレイをプレイヤーに心がけて欲しいと願っているからなのです。

オンラインカジノサイトの方でも、ギャンブル依存症がとても怖い症状であることを知っています。

顔が見えないオンラインギャンブルの世界において、常に自己コントロールする事はとても大切です。

オンラインカジノを始める前に、下記の項目を念頭に入れておきましょう。

オンラインカジノでの配当金は、税金申告をする必要がありますので、最初からきちんと投資した金額や勝利金はメモっておくと、年末の確定申告の時に便利です。

危ないと思ったら

多数のオンラインカジノには、プレイヤー本人によるアカウントのクローズが可能です。アカウントの長期クローズは、期間が設定でしますので、お休みしたいときや、気分が良くないと思い始めたら一旦アカウントをクローズしてみてはいかがでしょうか?

アカウントのクローズ時には、それまでにオンラインカジノのアカウント内に残っている残金は支払われますので、損をするようなことはありません。

アカウントのクローズも再開もカスタマーサポートへ連絡します。

それでも気分がオンラインカジノサイトへ向いてしまうようであれば、オンラインギャンブルへのアクセスができないように、お手持ちのデバイスを設定することも可能です。ネット・ナニーやサイバーパトロールなどのアプリケーションを用いることで、簡単にアクセスができないようにすることが可能です。

自己規制でオンラインカジノ

オンラインカジノにおいて「自己規制」が設定できるカジノサイトもあります。カスタマーサポートに連絡するのが億劫であれば、このようなカジノサイトから個人的に設定できる方法を選択することもできます。

また、期間も冷静に考える時間が保てる7日間から、1ヶ月、数ヶ月、永久的になどの項目から自己選択できます。

これらの機能は自己設定することができ、1日に使用する金額または、1日にプレイできる時間を設定できるなど様々です。

入金設定

入金設定をした場合には、設定金額以上を投資した場合にアカウントは凍結されます。いきなり凍結されるのではなく、メッセージによって知らせてくれるのでびっくりすることもありません。

時間設定

時間設定は、1時間単位で設定できるものがほとんどで、時間が来ると強制的にオンラインカジノでプレイができなくなります。

ロス制限

オンラインカジノでの負債を設定することができる機能です。

1日、もしくは一定期間内に負けとなった金額を予め設定することで、それ以上負債を追うことはありません。制限に達成すると、期間が過ぎるまでオンラインカジノでのプレイが不可能となり、この機能を一度設定すると解除までに時間がかかる便利な機能です。

ギャンブル依存症は、負債が続くと起こりやすい症状ですので、負け金額を設定しておくことでなりにくくなるのかもしれません。

これらの機能は、ご利用中のオンラインカジノのアカウントより設定が可能です。皆さんが自身で解約手続きを行っても反映までの時間がかかることがほとんどですので、ぜひ利用してみましょう。解除手続き中は、改めて計画を練るチャンスでもあります。冷静になって考えるということが、依存症を防ぐ最初の第一歩です。

タイミングを利用する

オンラインギャンブルでプレイする目的として、やはり一攫千金を夢みていることがほとんどではないでしょうか?

最初は、時間潰しやオンラインゲーム感覚でプレイをしていても、勝利金を手にする度に「もしかして・・」と思い始める人が多いと思います。

株式取引などで引用されている「利確」という言葉をご存知でしょうか?オンラインカジノにおいてこの利確とは、配当金を出金することにあたります。

配当金を出金することで、初めてプレイヤーの利益が生まれるからです。

オンラインカジノサイト内のアカウント内に配当金を残して置くのは、まだ利益にはなっていません。配当金は手数料がかかっても、ある程度溜まった時点で引き出すようにしましょう。

こうすることで、常に軍資金を投入しなければいけなくなり、使用金額の計算が簡単に行え、ずるずると遊んでしまうということはありません。オンラインカジノを含むオンラインギャンブルの場合、ついつい日計算してしまいがちですが、サイト内での収支を1週間もしくは1カ月間というスパンで考えるようにしましょう。

1日に5千円の配当があれば、1週間経って引き出す頃には2万円前後にはなっているはずですのでその時に出金します。

少ない金額のように思えますが、少しずつ引き出すことで月末にはかなりの金額が配当金として手元に残っているはずです。

期間で考えるのは難しいとされるのであれば、金額で設定します。

例えば2万円勝ったら引き出す、5万円勝ったら引き出すなどと決めておくと勝利金の計算が簡単になります。

出金することで利益が出ると思いながらプレイすることで、投資金額や利益が簡単に把握できます。勝ち逃げという言葉がありますが、オンラインギャンブルにはまさにぴったりの言葉と言えます。

ボーナスを利用するは間違い

オンラインカジノサイトで提供されているボーナスはとても魅力的です。

一瞬「得してプレイできる」と思われる人が多いのですが、オンラインカジノにおけるボーナスには、出金条件または賭け条件というものが設定されています。

これは、ボーナスを利用して得た配当金を出金する際にX X倍の金額を現金でカジノサイトへ賭けないと出金できないというものです。

100ドルのボーナスを手にしてプレイし、1000ドルの配当金を出金するには、100ドル以上の現金をカジノサイト へ賭けなければいけません。

この出金条件及び賭け条件は、ほとんどの場合30倍から50倍と設定されていますので、100ドルのボーナスに対して3000ドルまたは5000ドルを結果としてオンラインカジノサイトへ投入しないと配当金が得られないということです。

カジノサイトによっては厳しいゲーム設定もされています。これはゲーム自体に設定されている「賭け消化率」というもので、賭けた金額が全てボーナス引出し条件・賭け条件に反映しないことを表しています。

例えば●●というゲームの賭け消化率が50%であった場合、100ドル投入してプレイした場合にも、100ドルの半分である50ドルが引き出し条件・賭け条件金額に加算されるというわけです。出金条件・賭け条件が30倍であった場合には、合計6000ドルを投入してプレイし、初めて100ドルのボーナスでプレイした配当金が手に戻るというわけです。

ですので、オンラインカジノで提供されているボーナスは、おまけとして考えるようにしましょう。決して、ボーナス金で一攫千金を狙いにオンラインカジノへ登録しないことです。

オンラインカジノサイトの中には、ボーナス受け取りの有無が選択できるようになっていますので、出金条件・賭け条件に縛られずプレイしたい場合には、受け取らずオンラインカジノを楽しみましょう。

まとめ

オンラインカジノで適度にプレイする方法として、

自宅にいながら本場カジノにいるような高揚感のあるオンラインカジノで楽しくプレイするように心がけましょう。

また、ネットカジで適度にプレイしようとしましたができない方にオンラインカジノをやめる方法はおすすめです。

#カジノボーナスプレイのまとめゲームの一覧入金
1
Casino Days
$1,000 +350FS + $10入金不要 Read Review Casino Days 3000+
2
Conquestadorカジノ
最大$2500までのウェルカムボーナス Read Review Conquestadorカジノ 1450+
3
Live Casino House
200%最大$400 Read Review Live Casino House 1221+
4
Wonder Casino
100% 最大$500初回入金ボーナス Read Review Wonder Casino 131+
5
Wazambaカジノ
最大$1500 Read Review Wazambaカジノ 1787+
6
Crazy Foxカジノ
20%キャッシュバック Read Review Crazy Foxカジノ 2000+
7
Tedbetカジノ
€2000 + 200FS Read Review Tedbetカジノ 5204+
8
1xSlotsカジノ
180000 JPY + 150FS Read Review 1xSlotsカジノ 3231+
9
Playamoカジノ
¥36000+150FS Read Review Playamoカジノ 4000+
10
Bonsカジノ
最大20万円:200%ボーナス+200回のフリースピン Read Review Bonsカジノ 1500+

#StandWithUkraine

#StandWithUkraine - 私たちはウクライナ人を応援しています。ロシアはただウクライナ人を攻撃するわけではありません。
これは民主主義の価値、人権や平和との戦争です。私たちは影響を与え、募金してウクライナ人を支援することができます。

寄付オプション1 寄付オプション2