online casinos

自由度が高く気軽に楽しむことができるオンラインギャンブル。しかし、オンラインギャンブルだからといって、何もかもが許されるわけではなく、禁止事項やしてはいけないことがあります。

この禁止事項を守らなかった場合、アカウントが凍結されてしまったり、負債を抱えてしまったりなどトラブルになることがあります。そのため、オンラインカジノを利用する際には、注意事項を守りつつ、正しく利用する必要があります。そこでこの記事では、トラブルを防ぎ安全にオンラインカジノを利用できるようにするために、オンラインカジノにおいてしてはいけないことを紹介します。

お金を借りてのギャンブル

オンラインカジノに限らず全てのギャンブルにおいて、他人からお金を借りてギャンブルをすることはしてはいけません。オンラインカジノではお金を稼ぐだけではなく、損をしてしまうことがあります。そのため、常に自己責任で自分の資金を利用してのみプレイする必要があります。

また、オンラインカジノをプレイする際には、余剰資金だけを利用しなければいけません。生活に必要なお金を利用して負けてしまうと、後々大きなトラブルとなるので注意が必要です。

18歳未満の利用

オンラインカジノの利用は、18歳以上に限定されています。この年齢に達していないのにオンラインカジノを利用してしまうと、利用規約に違反していることとなります。

また、年齢を偽るために偽の身分証明書を提出することは一切禁止されています。もし年齢を偽っていることが発覚した場合、アカウントは永久に凍結され、サイトを利用することができなくなってしまいます。

そのため、オンラインカジノが指定する年齢に達しないうちはアカウント作成しないようにしてください。

複数のアカウントの作成

オンラインカジノでは、アカウントを作成するだけで獲得できる入金不要ボーナスを提供しています。このボーナスを獲得することを目的に、複数のアカウントを作成しようというプレイヤーがいます。

しかし、オンラインカジノでは一人一つしかアカウントを作成することができません。もしボーナスを重複して獲得するために複数のアカウントを作成した場合、不正行為とみなされ、アカウントは凍結されるか削除されてしまいます。オンラインカジノでは IP アドレスなどから同じ人が重複してアカウントを作成していないかを確認しています。

そのため、ボーナスが欲しいからといっていくつもアカウントを作成したり、削除→作成を繰り返したりすることがないようにしてください。

またオンラインカジノでは重複してボーナスを獲得することを防ぐため、一度アカウントを閉鎖した場合、再開するためにはカスタマーサポートに連絡しなければいけないなどの対策をとっています。

偽の情報の登録

オンラインカジノに登録する際には、氏名や住所などの個人情報を登録する必要があります。しかしオンラインカジノに個人情報を登録するのは不安、という理由で偽の情報を登録する人がいます。

これはオンラインカジノで禁止されており、必ず正確な情報を入力しなければいけません。インターネットカジノでは初めて出金する際などに、本人確認を行っています。もしも最初に登録した情報が提出した本人確認書類と一致しない場合、出金することができなくなってしまいます。

また、一度登録した情報を変更するにはカスタマーサポートに連絡するなど、手間がかかります。そのため、アカウント作成時には正しい情報を入力し、情報を偽装しないようにしてください。

オンラインカジノではセキュリティに力を入れており、プレイヤーの個人情報は厳重に管理されています。そのため、情報漏えいや不正利用などを心配する必要はないでしょう。個人情報の取り扱いについては、各オンラインカジノのプライバシーポリシーをご覧ください。

第三者のクレジットカードの利用

インターネットカジノはギャンブルなので、お金がかかわっています。そのため、オンラインカジノではマネーロンダリングなどの犯罪を防ぐために、入出金については厳しく監視をしています。

オンラインカジノでは電子決済サービスや仮想通貨などを利用して入金することができますが、日本では簡単な入金手段としてクレジットカードが人気を集めています。このクレジットカードを使用する際は、必ず自分の物を利用する必要があります。アカウントと名義が異なる第三者のクレジットカードを使用した場合、不正とみなされ入金することができません。たとえ家族のものであっても、アカウント本人のクレジットカード以外は一切利用することができないのでご注意ください。

賭け条件関連の禁止事項

オンラインカジノでボーナスを獲得した際、その金額を出金するためには賭け条件を満たさなければいけません。この賭け条件を達成する際には、いくつかの禁止事項があります。ここではそれらの禁止事項を見ていきましょう。

最高ベット額

賭け条件を早く満たすために、高額ベットしようというプレイヤーがいます。しかし、そのような行為を禁止するために、オンラインカジノではボーナスを利用する際の最高ベット額を設定しています。最高ペット額は5ドルなど低めに設定されているので、コツコツとゲームをプレイしないと賭け条件を達成することができないようになっています。

もしもこの最高ベット額を超えて賭けをした場合、ボーナス及びボーナスによる勝利金は没収となってしまうので注意が必要です。

禁止ゲーム

賭け条件を達成する際には、ボーナスを利用してプレイしてはいけないゲームが決められています。誤ってこのゲームでボーナスを利用してしまった場合も、最高ベット額を超えた時と同じようにボーナス及びボーナスによる勝利金の没収に繋がることがあります。

禁止ゲームはオンラインカジノによって、どのゲームを設定しているかが異なります。禁止ゲームはそれぞれのオンラインカジノの利用規約で確認することができます。そのため、ボーナスを使用する際には、必ずこの禁止ゲームを確認するようにしてください。

オポジットベット

オポジットベットとは両張りとも呼ばれ、勝つことも負けることもないベット方法のことを言います。

例えばルーレットでいえば、赤と黒の両方にベットしたり、ハイとローの両方にベットしたりすることを言います。このように全てにベットすることによって、負けることを防ぐことができます。

このオポジットベットをすれば損失を被ることなく、賭け条件を満たすことができてしまいます。そうするとオンラインカジノ側の利益がなくなってしまうため、このオポジットベットは禁止されています。

つまり、ボーナスを出金するためにはプレイヤーは必ずリスクをとらなければいけません。これはオンラインカジノがお金を稼ぐためのトリックとも言えるでしょう。

オンラインギャンブルは正しく楽しもう

この記事で紹介した通り、オンラインカジノではしてはいけないことがいくつかあります。これらに違反してしまうとアカウントが凍結されたり、ボーナスが没収されたりしてしまいます。

そのため、オンラインカジノは利用規約をよく理解し、正しく利用するようにしましょう。

#カジノボーナスプレイのまとめゲームの一覧入金
1
Casino Days
$1,000 +350FS + $10入金不要 Read Review Casino Days 3000+
2
Conquestadorカジノ
最大$2500までのウェルカムボーナス Read Review Conquestadorカジノ 1450+
3
Live Casino House
200%最大$400 Read Review Live Casino House 1221+
4
Wonder Casino
100% 最大$500初回入金ボーナス Read Review Wonder Casino 131+
5
Wazambaカジノ
最大$1500 Read Review Wazambaカジノ 1787+
6
Crazy Foxカジノ
20%キャッシュバック Read Review Crazy Foxカジノ 2000+
7
Tedbetカジノ
€2000 + 200FS Read Review Tedbetカジノ 5204+
8
1xSlotsカジノ
180000 JPY + 150FS Read Review 1xSlotsカジノ 3231+
9
Playamoカジノ
¥36000+150FS Read Review Playamoカジノ 4000+
10
Bonsカジノ
最大20万円:200%ボーナス+200回のフリースピン Read Review Bonsカジノ 1500+

#StandWithUkraine

#StandWithUkraine - 私たちはウクライナ人を応援しています。ロシアはただウクライナ人を攻撃するわけではありません。
これは民主主義の価値、人権や平和との戦争です。私たちは影響を与え、募金してウクライナ人を支援することができます。

寄付オプション1 寄付オプション2