責任あるギャンブル

楽しみにあふれるギャンブル業界で大騒ぎとなっている問題は、ただあるゲームのデザイン欠点やゲームプレイの不釣り合い、あるカジノが提供する決済方法の少数などなどに限られていません。残念ながら、賭博はプレイヤーの精神状態と切っても切れない関わりを持っています。

「ギャンブル依存症」という用語はよく嗜癖障害・中毒の話で聞こえることがあって誰でも知るはずだが、この精神障害とは具体的に何かという質問に答えるのが大事です。厚生労働省の公式サイトが載せた依存症種類に関する記事によると、依存症とは、「特定の何かに心を奪われ、「やめたくても、やめられない」状態になること」です。それに、依存症には2つの主な種類があり、それは「物質へおの依存」と「プロセスへの依存」となります。ギャンブル依存症はもちろんギャンブルの過程への依存であり、症状のパターンは相変わらず繰り返し・より強い刺激の要求・やめることの不可能性という形になるだそうです。

麻薬中毒やアルコール依存症と同じように、ギャンブル依存症の結果は劇的になる可能性が非常に高いです。当ページの記事が目的としていることは、カジノに興味を持つ方にギャンブル依存症の危険を詳細に説明して責任あるプレイを促すことです。当記事が述べている点は、下記通りとなります。

ギャンブルを快適な娯楽としか見ないことは当然と思われますが、自分自身の世話や保護としてギャンブルのネガティブ影響とその予防について詳しく学ぶことが必要です。

ギャンブル依存症を引き起こす原因

まず最初に、どんな病気にしても、その病気の発現の要因を理解することが大事です。言うまでもなく、この障害の要因は様々であり、年齢、性別、精神状態、遺伝等々につながることが多いです。国際的診断基準であるDSM-5によると、ギャンブル依存症に3つの主な種類があり、それらを引き起こす要因は相当する環境的・心理的・個人的要素を含めています。当セクションではそんな原因を一つ一つ説明していますが、何よりも強調しなければならないことは、ギャンブル依存症の要因は障がい者のケースそれぞれに1つだけではなく、様々要因の組み合わせであるということです。このように、遺伝的要因を分析すれば、有害な影響をもたらす遺伝子は1つだけに限らず、多数の遺伝子の総合効果となります。

人間の生物学的・心理的問題や障害に関する要因を詳しく見てみましょう。家族にアルコール使用障害の既往歴のある人のほうが、一般人よりよくギャンブル依存症に罹ることが多いそうです。それに、麻薬中毒という依存症の1つも、遺伝に影響を与え、ギャンブル依存症のリスクを大分膨らませてしまいます。リスクの向上は非常に高く、約50%に至る場合が少なくないです。

続きまして、遺伝性と緊密につながっているのは、脳関連要因です。こちらでは肝心なところは、人間の脳が示す報酬への対応です。ギャンブルゲームに心を奪われる人たちの振る舞いで考察されたのは、勝利確率を現実より高く見積もることに関する興奮と勝利確率を低く推測することによる不安の交代です。勝利がもたらす意気揚々たる気持ちを追い、ギャンブル障がい者は報酬の期待を持ってギャンブリングをやめられないのです。この現象と関連する要因は、心理学者が「部分強化」と呼ばれることです。ギャンブル過程の中で、負けのほうがもちろん多めになっているのに、ギャンブラーは報酬の心理的や物質的満足の見込みで賭博行為に執着してしまい、やめようともしない場合が多いです。

さらに、貧困や社会的抑圧などの環境的な要因も大きな役割を果たしていて、賭博を合法的としている国々ではギャンブル依存症の被害者数が非常に高いです。そんな環境的な要因に追加しているのは、鬱病、家庭内問題、失業等々の個人的な困難です。賭場さえあれば、他の要因の影響が加わり、ギャンブル依存症にかかりがちの人は酷い状況に陥るのが可能になります。

ギャンブル依存症の症状と診断

DSM-5が提供している情報によれば、ギャンブル依存症を診断するために必須となっているのは、次の条件です。

障がい者は、12か月間に以下のうちから4つ以上の症状を示しています。

  • 興奮を得たいがために、賭け額をどんどん増やして賭博をやめることなしでし続ける;
  • 賭博をしないときは落ち着かないでいら立つ;
  • 自分の賭博行為を周りのから隠し、秘密として漏らさないようによく嘘をつく;
  • いくら賭博を制限・減少・中止しようとしても、性交できない;
  • 精神的に苦しむとき気分を直すためにしばしば賭博をする;
  • 賭博で失ったお金を取り戻すために、もっとお金を賭けてさらに賭博を続ける;
  • 賭博に心を奪われる(例えば、賭けたい金額を借りること、次の賭けの計画を立てること)
  • 自分の生活の重要な部分をおろそかにし、人間関係、仕事、教育、趣味などに気づかず、賭博のほか何も大事にしない;
  • 賭博行為を収入源としてみなして、ギャンブルによって所得を獲得しようとしている。

上記の症状は国際診断基準に規定され、ギャンブル依存症の診断の基礎となっています。「ギャンブル依存症がある」という結論に達するために、こちらの症状のうちの4つがあるべきですが、もし自分自身の行為、または親戚・友人・同僚の行為に1つでも見つけたことだとしたら、専門的な助けを求めるのが必要です。

ギャンブル依存症の発現の経過

ギャンブル依存症の症状を覚えておいたら、この障害の経過を詳細に見てみましょう。

一般的には、ギャンブル依存症の経過は3つか4つの段階に分けられ、次のようとなります。

  1. 勝ち段階:
    主に初の勝利から始まり、最高の興奮や自信の上昇を引き起こす段階です。プレイヤーは勝てば勝つほど賭け額を増やし、賭博行為に強く執着していきます。障がい者はしばしば自分自身の「賭博才能」や「非常の幸運」を信じるようになります。
  2. 負け段階:
    賭博の躁病に従って、プレイヤーは負けず嫌いになり、人生の大事なことを無視してしまいます。そのうえ、負けの数も増加し、プレイヤーはどんどんお金を失ってしまいます。
  3. 絶望段階:
    障がい者はすっかり心を賭博に奪われます。この段階では、賭け金を手に入れる手段で悩んでいるプレイヤーは強盗などの犯罪をおかすことも少なくないのです。親しい人間関係が劇的に崩れ、仕事を失うことも多いです。専門的な助けがなければ、麻薬中毒やアルコール使用障害をギャンブル依存症に加える確率も高いし、自殺率も相当に上がります。

純粋に見える楽しみとして始まるギャンブルに必要な制限がなければ、ギャンブル依存症の結果は残酷極まりないです。出来るだけ早い診断と治療の重要性が明らかで、ギャンブラーの側でも自分の安全のための努力や気配りが不可欠になっています。重苦しい結果を防ぐための予防法は、ギャンブルの危険なところの認識、また一般常識という基本的なものなので、それに気を付けるのがいつも大変大事です。これから具体的な予防法について紹介します。

ギャンブル依存症の予防法:ゲーム中

当記事の第一目標は、ギャンブルに関する問題のないプレイヤーをギャンブル依存から守ることなので、我々はゲーム中と予期した安全保護の方法やコツをこちらで提供しています。

では、ギャンブルゲームをどうしてもプレイしたい方には、次の保身方法が役立つはずです。

  • ギャンブルを所得源のかわりに、ただの娯楽としてみなす。賭博行為によって巨大な金額を手に入れるのはもちろんあり得るのに、負けのほうが多いので、ギャンブルを仕事として見るのが不合理極まりないのです。
  • 自分の金額を割り当て、ギャンブルのに使える金額を硬く決定するのが大変効果的です。ゲーム中、賭け額をできるだけ低く決めるのもおすすめです。
  • 酩酊したまま賭博をしないほうがいいです。麻薬やアルコールは人間の意思決定を強く影響し、望ましくない行為を惹き起こすことが少なくないです。例えば、アルコールを大量で飲んだギャンブラーはよくより大きい金額を賭け、中止せずにギャンブルを続けてしまいます。
  • 普通のビデオゲームと同じように、遊びの時間を過ごしすぎないようにタイムリミットをつけることが大事です。賭博の時間を日常生活の時間の代わりにおくのが大変有害です。
  • 無料モードのあるゲームをプレイするのがおすすめです。これはもっとも安全な対策で、お金を使い尽くすことがすっかり不可能になります。

ギャンブル依存症の予防法:一般的アドバイス

前記のアドバイスのほか、効果的なギャンブラーの保身対策は色々あります。ゲーム中に限らず、カジノのウェブサイトとかでもギャンブル依存予防対策を取ることができます。こちらで提供するアドバイスは、ギャンブル依存症のすべての段階で利用可能なコツを含めています。

  • カジノの口座でタイムアウト時間を設定すること。遊ぶ時間を自分でコントロールできない方には、自動的時間制限は最高のチョイスです。現在、多くの最新オンラインカジノはそんなフィーチャーを与えています。
  • もう1つのカジノ口座につながっている保身対策は、入金額を制限することです。当たり前のことだと思えますが、この術は非常に効果的です。
  • 賭博とは何よりも運のゲームなので、負けが普通のことです。しかし、お金を全部失わないように、賭博で負けの制限を決定したほうがいいです。「ある金額を失ったらすぐゲームを中止する」という形で自分が決めたルールを守ってみてください。
  • ちゃっかりした報告に誘致されないように、オンラインカジノからのニュースレターの購読を避けたほうがいいです。プロモーション、特典、特別ボーナスなどのものは、ギャンブルに執着しやすくて自制心が弱い人への直截な危険として見なされます。
  • もしギャンブル依存の症状を感じ始めた場合、思い切って抜本的対策を取るのが重要です。カジノのサポートチームと連絡して、自分の口座の中断・閉鎖を求めることは文字通り人命救助のようです。
  • 賭博以外の趣味を見つけてみてください。特に描画や創作などの創造的な趣味はギャンブル時間の減少はもちろん、自己啓発にも大きく貢献することができます。
  • 親しい親戚や友達と話し合うことも無視してはいけません。緊密な人間関係は治療効果を持ち、心理的な助けとして思われています。ギャンブルに没頭しないために、愛する者と一緒に時間を過ごすのが本当に素晴らしいです。「カギはコミュニケーション」とは過言ではありません。
  • インターネットに使用を制限することも助けになれます。活発的に発展している現在世界では電子機器のない日々は想像しにくいですが、ある場合にはほかに仕方がありません。単にインターネット接続がなければ、オンラインカジノへのアクセスもなくなるということです。

ギャンブルビジネスを経営する会社の責任

どんな業界にしても、それに関する責任は両面であり、お客さんと会社の責任の両方を含んでいます。前記の章は主にお客さんの責任あるプレイについて説明していたが、これからはオンラインカジノなどの賭場が持つ責任について話しましょう。

ギャンブルの初心者とベテランの皆さんがよく知っている用語は「ハウスエッジ」というもので、「カジノは実際に、客からお金をたくさん奪い取りたい」という考え方が普通です。無論、いずれのビジネスの場合でも、収入の問題が中心になっているのに、法律上では精神障がい者からお金をゆすり取ることが犯罪となります。このように、ギャンブル依存症に罹った人たちは、借金取りから法律で保護されるべきです。きつい状況に陥ってしまったギャンブラーには、カジノの合法的でフェアな責任ポリシーが肝心です。具体的なカジノの「責任ポリシーの必要項目」を見てみましょう。

  • お客さんに常に口座を中止する可能性を与えること。あるカジノの使用条件によって口座やプレイを中断することができない場合、そのカジノをすぐやめたほうがいいです。
  • お客さんに常に自分で最高・最低賭け額を決める可能性を与えること。いくらを賭けるのかは、お客さん次第です。
  • お客さんにギャンブル依存症の自己診断ツールを与えること。カジノの第一責任はお客さんの健康や安全を守ることだからこそ、危険な精神病の予防に努めるのが不可欠な対策です。

頼もしいカジノの公式サイトでは責任ポリシーがあるべきです。あるカジノでプレイし始めたいなら、あらかじめ自分のお客さんとしての責任と賭場の責任を緻密に調べるようにしてください。

未成年者の保護

ギャンブルという娯楽の種類はアルコールと同じく、未成年者の場合では非合法となっています。そんな状況には数多い理由があり、心理的や経済的理由が中心となります。イギリスを例とすれば、いわゆる「子どもギャンブル」は深刻な社会的福祉や保健衛生の問題として大騒ぎになっています。この問題をさらに悪化させることは、インターネットを隈なくたたえているオンライン賭場の報告です。AdBlockなどのウェブブラウザープラグインは、この問題を効果的に予防できます。

進みまして、カジノそのものの責任について話しましょう。オンラインカジノは概して新規登録上で新しい客から本人確認書類を求めています。それは安全保護対策として行われるプロセスで、成人の客を第三者による詐欺的行為から守る手段として思われます。それに、カジノは本人確認によって未成年者の賭博を予防することができます。日本では地上のカジノが禁止され、そんな組織への青少年通行も禁止になっているのに、オンラインカジノの場合もっと厳密な未成年賭博禁止の実行が必要です。

一般常識ですが、未成年者はまだ経済的自由がなく、自分の所得のない者ばかりです。家族の視点から見れば、未成年者という人たちは両親・親戚・育ての親の責任となっているので、家庭ごとにギャンブル依存症の意識を子どもたちの身に付けることが何とも言えない大切な義務です。そして賭場の側では、非合法的行為をまるごと禁止し、騙されやすい未成年者の保護を促進することが大事な目的であるべきです。

もしかしてお子さんのいるギャンブラーたちがいたら、オンラインカジノで遊ぶ際にはログイン情報をちゃんと消すようにしてください。さらに、お子さんの趣味や暇な時間の活動に気を付け、ギャンブル行為を防ぐようにも努めてください。

未成年者の保護は基本的な政府や法律の義務です。未成年者を貪欲の犠牲にするギャンブルビジネスの行為は、犯罪にほかならないのです。

ギャンブル依存症に罹った方を支持する組織について

残念ながら、複数のギャンブラーはもうギャンブル依存症の犠牲になってしましました。いくら予防法を促しても、現にギャンブル依存症で苦しんでいる方を支援することも無視できません。ギャンブル依存症は国際診断基準によって精神障害として認められており、それに適合する治療方法を求めています。

ギャンブル障害の助けが必要な方は、下記のリストにある組織まで連絡してみてください。ギャンブル依存症は一人で克服すべき問題ではありません。

・GamCare
・BeGambleAware
・Gamblers Anonymous
・YGAM(Young Gamers and Gamblers Education Trust)

前記の組織は例外なく非営利であり、無料助けを提供している慈善団体です。

負債の問題の応援・相談を提供する組織について

賭博のせいで巨大な金額を失って債務を果たせない方にも助けを与える組織が存在します。借金取りであれ銀行であれ、どんな債務問題にしても助けを求めることが非常に重要です。

・Debt Advice Foundation
・Debt Support Trust
・National Debt Line
・Step Change

国際組織:

・GamCare : www.gamcare.org.uk
・BeGambleAware: www.begambleaware.org
・Gamblers Anonymous: www.gamblersanonymous.org/ga/
・YGAM (Young Gamers and Gamblers Education Trust): www.ygam.org
・Debt Advice Foundation: www.debtadvicefoundation.org
・Debt Support Trust: www.debtsupporttrust.org.uk
・National Debt Line: www.nationaldebtline.org
・Step Change Debt Charity: www.stepchange.org
・Gambling Therapy: www.gamblingtherapy.org
・Gamble Aware: about.gambleaware.org

日本国内組織:

・依存症対策全国センター:www.ncasa-japan.jp
・消費者庁(ギャンブル等依存症でお困りの皆様へ): www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/caution/caution_012/