日本では長年人気を集めているギャンブル。週末は競馬場に行って競売レースを楽しむ、という人も多いのではないでしょうか?

最近ではより競馬が気軽に楽しめるように、ブックメーカーで競馬にベットできるようになりました。この記事では、ブックメーカー 競馬の賭け方・オッズ・合法性について解説しています。

また、ブックメーカーで競馬に賭けたことがないという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ブックメーカーの競馬とは?

ブックメーカーの競馬とは、ブックメーカーと呼ばれる企業が提供するサイトを利用して、競馬に賭けられるサービスのことを言います。これまで競馬をするためには、実際に競馬場にいかなければいけなかったですよね。そのため、天候に左右されたり、遠くに住んでいる人は行くのが大変だったりなど、いろいろなデメリットがありました。

しかし、ブックメーカーの競馬ではサイトでアカウントを作成するだけで、すぐに競馬のスポーツベットを開始することができるのです。

また、ブックメーカーの競馬であればインターネットですべて完結するので、日本国内だけではなく、世界中の競馬レースに賭けることができます。そのため、競馬の楽しみ方が一気に広がるといえるでしょう。

このようにブックメーカーの競馬はこれまでの競馬の在り方を大きく変えたので、ここ数年で大きく注目されているのです。

合法性

日本においてギャンブルは法律で禁止されています。しかし、競馬は公営ギャンブルに指定されており、日本では政府に認められた合法のギャンブルとなります。

では、一方で海外のブックメーカーを使用した競馬のスポーツベッティングはどういう扱いになるのでしょうか?

結論から言うと、日本からのブックメーカーの利用はグレーゾーンという位置づけになります。日本の法律を元に考えると、スポーツベッティング自体が違法行為となります。しかし、ブックメーカーは海外の企業であり、海外では合法的に運営されています。

そのため、日本の法律では裁くことができず、違法行為だとしても黙認されています。このような仕組みにより、日本からブックメーカーを利用したとしても、逮捕されるようなことはありません。

ただし、現在日本では統合型リゾートの設置に向けて、カジノに対する法整備を進めています。これにより、今後ブックメーカーについても具体的に法律が定められる可能性が十分あります。そのため、常に最新情報をチェックしておくといいでしょう。

日本国内の地方レースも海外の競馬レースにも賭けられる?

ブックメーカーの競馬では、国内外のレースに賭けることができます。

日本国内のレースではJRA中央競馬と地方競馬の両方が対象となります。

中山、阪神、園田、水沢、船橋中京、札幌など日本の競馬レースに賭けることができるのです。日本国内の人気のレースは基本的にすべて競馬ファンであればうれしいですよね!

また、ブックメーカーの競馬では海外レースも対象となります。イギリス、アイルランド、フランス、ニュージーランド、ドイツ、アメリカ、南アフリカ、モーリシャス、ウルグアイ、トルコ、インド、ブラジル、UAE、オーストラリア、香港、韓国など、世界各国の競馬レースに賭けることができるのです。

海外レースの代表的なものであれば、イギリスのチェルトナム・ゴールドカップ、 グランドナショナル、オーストラリアのメルボルンカップ、香港の香港カップなどに賭けることができます。これらの世界の本場のレースに賭けることができるのは、ブックメーカーの大きなメリットだといえるでしょう。

海外のレースでは世界からの注目度が高いので、オッズが高く設定される傾向があります。そのため、稼ぎたいのであれば、日本国内のレースではなく、海外のレースに賭けるのがいいでしょう。

競馬に賭けられるブックメーカー一覧

ブックメーカーの競馬 賭け方

ブックメーカーの競馬の賭け方はとても簡単です。ここでは、競馬 始め方、ブックメーカーで競馬に賭ける具体的な方法を確認しましょう。

ステップ1.ブックメーカーの選択・登録

まずはどのブックメーカーを利用するかを決めましょう。最近ではスポーツベッティングは日本国内でも人気を集めており、日本語で利用できるブックメーカーの数が増えています。それらのブックメーカーの中から自分に合ったものを見つけて、アカウントを作成しましょう。

多くのブックメーカーは競馬を扱っていますが、日本の競馬についてはブックメーカーによって差があります。そのため、実際にアカウントを作成する前に、どのようなレースが対象になっているかを確認するといいでしょう。

ブックメーカーに登録するには、メールアドレス、電話番号、氏名、住所などの登録が必要となります。これらの情報を入力するとすぐにアカウントを作成することができるので、5分もあれば十分でしょう。

ステップ2.入金

ブックメーカーにアカウントを作成したら次は入金します。入金方法については、以下でより詳しく解説しています。

ステップ3.競馬のページへ進む

入金が完了したら、ブックメーカーの競馬のページに進みましょう。そうすると、現在ベットすることができるレースが一覧で表示されています。

レースは国や競馬場ごとの地域別か当日・翌日などの時系列で表示されているので、興味のあるレースを見つけましょう。

ステップ4.賭けたい競走馬・賭け方・オッズの選択

レースを選択したら、最後に賭けたい競走馬・賭け方・オッズを選びましょう。

そして、賭け金を設定してベットすればすべて完了となります。

ステップ5.結果の確認

レース当日になったら、レース結果、配当を確認しましょう。予想が的中していた場合は、アカウントに配当が入金されます。

予想が外れてしまった場合は、賭け金は没収となります。

ブックメーカー 競馬 オッズ

ここではブックメーカーの競馬のオッズについて解説します。スポーツベッティングを始めるためには、どのようなオッズがあるかをよく理解しておく必要があります。

ここではブックメーカーで提供されている競馬のオッズを見てきましょう。

競馬 オッズ(賭け方)の簡単な説明

To Win (トゥーウィン)

To Win (トゥーウィン)は、どの競走馬が1位になるかを予想します。ブックメーカーでの競馬の中では一番一般的な賭け方となります。初心者の方は、まずはこのTo Win (トゥーウィン)から試してみるといいでしょう。

Each-Way(イーチウェイ)

Each-Way(イーチウェイ)では、選択した競走馬が1着だけではなく、2着、3着に入った場合でも、配当がもらえるベット方法のことを言います。

ただし、1着でゴールしたとき、2着でゴールした時、3着でゴールした時で獲得できる配当は異なります。もちろん、1着の時にもらえる配当が一番高くなります。

To Win (トゥーウィン)ではリスクが高すぎる、という方は、Each-Way(イーチウェイ)を選択してリスクを減らすのがいいでしょう。

Place Only 2(プレイスオンリー2)

Place Only 2(プレイスオンリー2)では2着以内に入る競走馬を予想します。

Place Only 3(プレイスオンリー3)

Place Only 3(プレイスオンリー3)では3着以内に入る競走馬を予想します。

Place Only 4(プレイスオンリー4)

Place Only 4(プレイスオンリー4)では4着以内に入る競走馬を予想します。

Match Betting(マッチベッティング)

Match Betting(マッチベッティング)では、2頭の競走馬を選択し、どちらが先着するかにベットする賭け方を指します。自分で好きな競走馬を2頭選ぶことができるので、比較的的中させやすい賭け方だといえます。

Insurance 2 Places(インシュランス2プレイス)

Insurance 2 Places(インシュランス2プレイス)は、ベットした競走馬が1着なら配当を獲得でき、2着なら賭け金が返金されるという賭け方を指します。

Betting Without(ベッティングウィズアウト)

一番人気の本命以外で、どの馬が1着になるかを予想する賭け方を指します。

Not to Win(ノットトゥーウィン)

賭けた馬が1着にならなければ配当を受け取ることができる賭け方を指します。

以上が多くのブックメーカーが提供している代表的なオッズとなります。ブックメーカーによってはユニークなオッズを用意していることもあるので、そのようなオッズに注目してみるのも面白いでしょう。

ブックメーカー競馬 オッズ 計算方法

スポーツベッティングにおけるオッズとは、競馬の払戻率のことを指します。

例えば、競馬のオッズが2倍に設定されているとしましょう。そして、このオッズに10ドルをベットしたとします。

このオッズで予想が的中した場合、2倍×10ドル=20ドルの配当を受け取ることができます。

ブックメーカーがオッズを設定する際は、各競走馬が勝つ確率を細かく計算しながら設定されます。そして、確率によって計算されたオッズからさらにマージンを引いたオッズがプレイヤーに提示されます。

どの競走馬が勝利するかという予想はブックメーカーによって異なります。そのため、それぞれのブックメーカーで設定するオッズも異なるのです。

ブックメーカー 競馬に使えるボーナス

入金不要ボーナス

多くのブックメーカーが用意しているのが、入金不要ボーナスです。アカウントを作成するだけでもらえるボーナスのことで、多くのブックメーカーはフリーベットを提供しています。フリーベットとは架空の資金のことで、競馬だけではなく、すきなスポーツを選択してベットすることができます。

入金不要ボーナスは新規ユーザーであればだれでも獲得することができるので、まずはブックメーカーの競馬を試してみたいという方におすすめです。

初回入金ボーナス

入金不要ボーナスと同じように、ウェルカムボーナスとして新規ユーザーに提供されるのが初回入金ボーナスです。初回入金ボーナスとはその名の通り、初めて入金した時に獲得できるボーナスのことを言います。

入金額によって獲得できるボーナスの金額は異なり、そのボーナスは競馬など好きなボーナスで利用することができます。

キャッシュバックボーナス

ブックメーカーのキャンペーンなどで獲得できるのがキャッシュバックボーナスです。キャッシュバックボーナスとは、損失額の一部を返金してもらうことができるボーナスのことを言います。

キャッシュバックボーナスの場合賭け条件が設定されていないことが多いので、すぐに出金することが可能です。

リロードボーナス

キャッシュバックボーナスと同じく、ブックメーカーのキャンペーンなどで獲得できるのがリロードボーナスです。キャッシュバックボーナスが損失額の一部を返金するボーナスであるのに対し、リロードボーナスではベット額の一部を返金してもらうことができます。

リロードボーナスもキャッシュバックボーナスと同じように賭け条件が設定されていないことが多いので、すぐに出金することが可能です。

入出金方法

ここではブックメーカーの入出金方法について詳しく解説してきます。

ブックメーカーへの入金方法

  1. ブックメーカーにログイン

    まずはブックメーカーにログインしましょう。

  2. 入金ページへ

    ログインしたら、ブックメーカーの入金ページに進みましょう。

  3. 利用したい決済方法を選択

    入金ページでは利用可能な決済方法が一覧で表示されています。この中から、自分が利用したい決済方法を選びましょう。

    ブックメーカーでは、クレジットカード(ビザ、マスターカード、アメリカンエクスプレスなど)、銀行送金、仮想通貨(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、テザー、ドージコインなど)、電子決済サービス(アイウォレット、エコペイズ、ヴィーナスポイントなど)を利用して入金することができます。

    利用可能な決済手段はブックメーカーによって異なります。そのため、どの決済手段を利用したいかによって、ブックメーカーを選ぶのもいいでしょう。

  4. 必要情報の入力

    次に、入金したい金額と、決済手段によって必要な情報を入力します。例えば、電子決済サービスであればアカウントIDなどの入力が必要となります。

  5. 最後に「入金」をクリックすると、手続きが完了となります。入金は基本的に即時完了します。

ブックメーカーからの出金方法

  1. ブックメーカーにログイン

    まずはブックメーカーにログインしましょう。

  2. 出金ページへ

    ログインしたら、ブックメーカーの出金ページに進みましょう。

  3. 利用したい決済方法を選択

    出金ページでは利用可能な決済方法が一覧で表示されています。この中から、自分が利用したい決済方法を選びましょう。

    ブックメーカーによっては、入金の際に利用した決済手段でないと、出金に利用できないという場合があります。

    詳しくは各ブックメーカーの利用規約をご覧ください。

  4. 必要情報の入力

    次に、出金したい金額と、決済手段によって必要な情報を入力します。

  5. 最後に「出金」をクリックすると、手続きが完了となります。

ブックメーカーから初めて出金する場合には、本人確認が必要になる場合があります。本人確認を完了するには、マイナンバーカードや運転免許証、パスポートなどの本人確認書類に加えて、住所確認書類の提出が必要となります。

スムーズに出金するためには、事前にこれらの書類を提出して本人確認を完了しておくといいでしょう。

競馬 ライブストリーミング

ブックメーカーから競馬を楽しむ場合でも、しっかりとレースを楽しみたいですよね。ブックメーカーではそんなプレイヤーの要望に応えるために、ライブストリーミング配信を行っています。

このライブストリーミング配信ですが、海外競馬レースを中継でライブ配信し、インターネットを通じて視聴することができるのです。

海外のレースとなると日本のテレビなどでは放送されていないので視聴することができないですよね。しかし、ブックメーカーのライブストリーミング配信を利用すれば、自分がベットしたレースをリアルタイムで見ることができるのです。

スマホから競馬 に賭けられる?

これまでブックメーカーの競馬はパソコンから楽しむのが一般的でした。しかし、最近では多くの人がスマートフォンを中心に利用しているため、ブックメーカーもスマートフォンに対応するようになっています。

ブックメーカーの中には、スマートフォン専用のアプリを用意しているものがあります。アプリがない場合でも、スマートフォンのブラウザからアクセスすることでパソコンからと同じように利用することができます。

ブックメーカーのサイトはモバイル最適化されているので、スマートフォンの小さい画面でも快適に利用することができます。

メリット・デメリット

ここではブックメーカーの競馬のメリットとデメリットを見ていきましょう。

➕ メリット1.日本競馬だけではなく、世界中の競馬レースに賭けることができる

ブックメーカーの競馬の一番のメリットともいえるのが、世界中の競馬レースに賭けられるということでしょう。

通常の競馬の場合は、近くの競馬場でしか賭けを楽しむことができません。もちろん海外のイベントに参加することもできますが、ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアなどの海外へ旅行をすると、お金も時間もかかってしまいますよね。

そんな時にブックメーカーを利用すれば、自宅から気軽に海外のレースにもベットすることができるのです。簡単に海外レースに賭けられるというのは、競馬好きにとっては大きなメリットだといえます。

➕ メリット2.1年中スポーツベッティングを楽しむことができる

ブックメーカーでは世界中の競馬を扱っています。そして、世界中では毎月どこかしらで競馬レースが行われています。

日本国内の競馬だけだと、ギャンブルができる時間が限られていますよね。しかし、ブックメーカーを利用すれば、1年を通じていつでもスポーツベッティングを楽しむことができるのです。

➕ メリット3.ハウスエッジが低い

ブックメーカーの競馬の魅力はハウスエッジが低く、プレイヤーが稼ぎやすいということです。

ハウスエッジとはギャンブル用語の1つであり、胴元の取り分のことを指します。例えば、ハウスエッジが10%に設定されているとしましょう。その場合、100ドルプレイヤーが賭けた時にそのうちの10%、つまり10ドルが胴元、ブックメーカーの取り分になることを意味します。

つまり、ハウスエッジが低ければ低いほど、プレイヤーにとって稼ぎやすいということです。一般的な競馬の場合、このハウスエッジは20~30%に設定されています。

一方でブックメーカーの競馬の場合、ハウスエッジが10%とかなり低くなっているのです。そのため、ブックメーカーの競馬の方が、プレイヤーにとって条件がいいのです。

ブックメーカーのハウスエッジが低い理由としては、インターネットを利用していることにより運営コストがかからないという点が挙げられます。

このように通常の競馬とブックメーカーの競馬では運営形式が異なるため、プレイヤーに還元される金額にも大きな違いがあるのです。

➕ メリット4.ベットした時点でオッズが決定する

実際の競馬とブックメーカーの競馬の大きな違いがパリミチュアル方式と、ブックメーカー方式のどちらを採用しているかということです。

日本ではパリミチュアル方式が採用されています。パリミチュアル方式とは購入時に配当がわからないオッズのことであり、レースの結果が分かった後に胴元の取り分を引いて、残ったお金をプレイヤーに還元します。そのため、購入時はオッズが高かったとしても、多くの人が同じ馬券を購入してしまった場合、最終的にかなりオッズが低くなってしまうことがあるのです。

一方でスポーツベッティングではブックメーカー方式を採用しており、最初にオッズが設定され、それが後から変更されることはありません。そのため、想定通りに配当を受け取ることができるのです

➕ メリット5.最低賭け金が低い

ブックメーカーの大きな魅力が、最低賭け金が低いということです。競馬場にいくと、少なくとも数千円の資金が必要になりますよね。

しかし、ブックメーカーの競馬であれば、100円ほどから賭けることができます。これにより、資金が少ないということでも気軽に楽しむことができるのです。

これにより初心者に向いているのはブックメーカーの競馬だといえます。

➖ デメリット1. 生の迫力が楽しめない

競馬を楽しむ人の目的の1は、間近で競馬が見られるということでしょう。競馬場では多くの声援などがあり、迫力のあるレースを楽しむことができますよね。

ベットをしている場合、自分の選んだ競走馬を応援するため、いつもよりも応援に熱が入るはずです。このように実際に現場で楽しめる点が、競馬のだいご味だといえます。

しかし、ブックメーカーでは生で競馬を見ることができないため、競馬場に行った時のような迫力を味わうことはできません。

➖ デメリット2.入出金に手数料がかかることがある

ブックメーカーを利用して競馬にベットするためには、入金しなければいけません。その際、利用する決済手段によっては、高額な手数料が発生してしまう場合があります。

例えば、クレジットカード、銀行送金を利用した場合、手数料が大きくなりがちです。

頻繁に入出金する場合、手数料だけでかなり損してしまうことがあるので、気を付ける必要があります。

➖ デメリット3.日本円に対応していない

ブックメーカーは海外のサービスです。そのため、多くのブックメーカーは日本円に対応しておらず、ユーロやアメリカドルに両替してからベットする必要があります。

そのため、入出金する度に為替手数料が発生してしまいます。また、為替変動については理解しておかなければいけません。せっかく利益を得たとしても為替変動によって損失が出てしまうことがあるので、注意が必要です。

ただし最近では日本円に対応しているブックメーカーも増えています。為替変動を気にしたくないという場合は、日本円に対応しているブックメーカーを選ぶといいでしょう。

まとめ

ブックメーカーの競馬について紹介してきましたが、いかがでしたか?

競馬は日本でこれまで人気を集めてきたギャンブルであり、多くの人に楽しまれてきました。そして、ブックメーカーで世界のレースに賭けられるようになったことから、競馬の楽しみ方が変わりました。ブックメーカーはスマートフォンからも利用することができ、誰でも簡単に始めることができます。

これまで競馬が好きだったという方も、これから競馬を始めてみたいという方も、ぜひブックメーカー競馬を始めてみましょう。

競馬のスポーツベッティングに関するよくある質問

おすすめの競馬のブックメーカーのサイトは何ですか?
ここ数年で日本語で利用できるブックメーカーの数は増えています。 その中でも競馬におすすめのブックメーカーとしては10betJapan、ウィリアムヒル、1xbetなどが挙げられます。 これらのブックメーカーはそれぞれでボーナスの内容、対応しているスポーツの種類などが異なります。そのため、ぞれぞれのブックメーカーのサービス内容をよく比較して自分に合ったブックメーカーを選ぶのがいいでしょう。
海外のブックメーカーは安全ですが?
海外のブックメーカーはライセンスを取得した上で運営されているので、安心して利用することができます。ライセンスを取得するには不正行為が行われていないか厳しく審査されているので、詐欺などの犯罪の心配をする必要はないでしょう。 プレイヤーの個人情報も厳重に扱われてるため、特に情報漏洩についても心配は不要です。
ブックメーカーでのおすすめの決済手段は何ですか?
手数料を節約したいのであれば、電子決済サービスや仮想通貨を利用するのがおすすめです。これらであれば、手数料無料で入出金することができるので、節約することができます。 また、仮想通貨、電子決済サービスであれば、決済スピ-ドが早いので、ストレスフリーで手続きをすることができます。
オンラインカジノでも競馬に賭けることはできますか?
最近では、オンラインカジノでもスポーツベッティングを提供するようになってきています。そのようなオンラインカジノを選択すれば、競馬にベットすることができます。 スポーツベッティングだけではなく、カジノゲームもプレイしたいという方はスポーツベッティングに対応しているオンラインカジノに登録するのがいいでしょう。
ブックメーカーの競馬で儲けた場合、税金を納める必要はありますか?
ブックメーカーの競馬で儲けた場合、日本国内の競馬で儲けた時と同じように、納税する必要があります。 ブックメーカーの競馬で儲けた場合は、その収益は一時所得してみなされます。納税金額は、他に仕事をしているか、収入があるかどうかなどによって異なります。 控除額以上の利益があった場合は、確定申告をして納税するようにしましょう。
実際の競馬とブックメーカーの競馬では、どちらの方が稼ぎやすいですか?
どちらの方が稼ぎやすいということは、一概にいうことができません。しかし、ブックメーカーの競馬ではベットするチャンスがたくさんあるので、それだけ稼げるチャンスも多いといえます。また、ブックメーカーでは、オッズがブックメーカー方式となっているので、高く設定されているオッズを選んで、高額配当を狙うことができます。 ブックメーカーの競馬はハウスエッジが低いという点もポイントです。