この記事ではオンラインカジノの税金について詳しく説明していきますので、オンラインカジノでリアルマネーでプレイする予定の方に特におすすめです。

オンラインカジノにも税金がかかる?

オンラインカジノで遊戯する際に、しっかりと考えなければいけないことの1つが税金です。オンラインカジノにて利益を得た場合、すべての人は税金を納める必要があります。

オンラインカジノの利益に対する税金は、利益が年間500,000円を超えると発生します。

オンラインカジノの賞金は、一時所得として扱われます。一時所得には年間500,000円の特別控除があるので、500,000円以下であればゼロ扱いとなり税金はかかりません。

オンラインカジノの利益は年間500,000円を超えると課税対象になる、ということをしっかりと覚えておくといいでしょう。

オンライン カジノ税金 いくら からと言う疑問がよくありますが、これは控除額によって異なります。

なぜ税金を支払う必要がある?

国、都道府県、市町村が行う業務には、道路や橋の整備、警察、教育、社会保障などがあります。国や都道府県、市町村は、特定の人だけに提供することが困難な業務や、費用を負担できる人だけがサービスを受けることが適当でない業務を行っています。

これらのサービスにかかる費用は、「税金」という形で、私たち一人ひとりから徴収されています。

そのため、収入があった場合は、そこから税金を納める必要があるのです。オンラインカジノからの収入に対して、同じように税金が徴収されると言うことです。

一時所得とは?

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労働やサービスの対価、資産の譲渡による報酬の性質がない一時的な所得をいいます。

一時所得には、次のようなものがあります。

  1. 懸賞や福引の賞金(事業に関して受け取るものを除く。)
  2. 競馬、競輪の払戻金(継続的な営利活動から生ずるものを除く。)
  3. 生命保険の一時金(業務上受領するものを除く)
  4. 法人から寄附された金品(業務上又は継続的に受領するものを除く。)
  5. 遺失物または埋蔵物を発見した者が受け取る報奨金等

これらの中からオンラインカジノからの利益は、(1) 懸賞や福引の賞金(事業に関して受け取るものを除く。)に値します。そのため、一時所得にかかる税金を支払う必要があるのです。

カジノゲーム以外の課税が必要なギャンブル

課税が必要なギャンブル非課税ギャンブル
パチンコ宝くじ
パチスロサッカーくじ
公営ギャンブル

(競馬、競輪、競艇等)

日本ではオンラインカジノゲーム以外でもパチンコ、パチスロ、公営ギャンブル(競馬、競輪、競艇等)を遊戯した際に、税金を納める必要があります。

これらのギャンブルで利益があった場合は、確定申告をします。ただし、これらのギャンブルで利益を得た場合でも、確定申告をしていない人が多いのが事実です。

と言うのもこれらのギャンブルの場合、現金が銀行などを経由して支払われるわけではないので、税務署が把握することが出来ないのです。

そのため、課税が必要なギャンブルであっても税金を納めない人が多い、と言うのが日本の実態となります。

場外で馬券を購入した場合課税を払わない可能性がある

インターネットでの購入に比べて場外で現金で直接に購入した場合銀行は介在しないので、記録されません。そのため、このようなサービスを利用した場合、税金を支払わなくてもバレない場合が多いと言えます。

ただし、銀行システムを利用するオンラインカジノの場合、オンカジ 税金 バレたと言うケースが多いので、しっかりと納税する必要があります。

非課税ギャンブル

宝くじに当たると税金がかかると思っている人がいますが、宝くじの当選金で得たお金には税金がかかりません。宝くじの当選金は非課税所得であり、当選金の大きさにかかわらず所得税はかかりません。課税対象外なので、住民税もかかりません。さらには購入時の消費税もかかりません。

宝くじは税金と全く無関係?

実は、宝くじの購入代金の一部は、当せんの有無にかかわらず、源泉徴収されているのです。宝くじは、総務大臣の許可を受けた地方自治体が販売し、業務を委託された銀行が発行・抽選・発表を行います。実際の販売は、委託銀行が審査した個人・法人が行うことになっています。

宝くじは、宝くじ売り場で購入する際、一律に税金が差し引かれます。販売総額の約45%が賞金となり、諸経費を差し引いた約40%が自治体の収入となるようです。したがって、当選者に課税すると二重課税になるため、当選金には課税されないと言う仕組みとなっているのです。

また、宝くじに加えて、サッカーくじも非課税ギャンブルとなっています

税金を納めたくないのであれば、これらの2つの非課税ギャンブルをするといいでしょう。

オンラインカジノ税金額の計算方法

すでに解説した通り、オンラインカジノからの収益は一時所得に含まれます。

そして、税金額は、以下のように計算されます。また、オンラインカジノ 税率についてもみていきましょう。

オンラインカジノ 税金 計算方法

一時所得=収入金額-支出金額-特別控除額(最大500,000円まで) →一時所得=オンラインカジノで稼いだお金 – 賭けた金額 – 500,000円

この計算式で算出された金額に対して、ネット カジノ 税金が課せられます。 特別控除額が500,000円に設定されているため、1年間に稼いだ金額が500,000円以下であれば、税金を支払う必要はありません。

なお、一時所得を計算する際には、オンラインカジノで稼いだ利益のみをカウントし、損失はカウントしないというのがポイントです。

例えば、次の2つのケースを想定してみましょう。

この場合、利益が出たケース1だけが税金の計算に含まれ、課税の対象となります。そして、利益が出なかったケース2については、計算式に含める必要はありません。

つまり、利益が発生した時点で納税義務が発生するのです。最終的な数字が利益が損失かは関係ありません。

ここを勘違いしてしまうと、その年の税金の総額に差が出てしまうのでご注意ください。

では、具体的に1年間オンラインカジノをプレイした場合、どのように計算されるのかを見ていきましょう。

ます。

この場合、収入の額は500,000円+500,000円+300,000円+1,200,000円=2,500,000円、費用の額は200,000円+300,000円+100,000円円+500,000円=1,100,000円円となります。

これを計算式に当てはめると 2,500,000円-1,100,000円-500,000円(控除)=900,000円。つまり、900,000円にはオンラインカジノ 税金がかかることになります。

一時所得の金額がわかったら、次は実際の納税額を計算してみましょう

オンラインカジノ税金の納税額を決定するためには、総所得額が必要です。 一時所得は総所得の半分として、総所得に加算されます。総所得の計算式は以下の通りです。

給与所得+一時所得÷2=総所得金額

オンラインカジノとは別に会社員として年収7,000,000円あった場合、以下のようになります。そして、一時所得が900,000円だったとします。

7,000,000円+900,000円÷2=7,450,000円

つまり、総所得額は7,450,000円です。 すると、この金額に対して、以下の税率による納税義務が発生します。

この場合は、総所得が「695万円を超え 900 万円以下」なので、23%の税率が提供されると言うことになります。つまり、オンラインカジノからの利益、900,000円の23%なので、207,000円を納める必要があるのです。

オンラインカジノ税金の確定申告

ネットカジノ 税金を納めるためには、確定申告を毎年2月16日から3月15日の間に行う必要があります(曜日の関係で早まる年、遅くなる年がありますので、最寄りの税務署に確認してください)。

この期間に、前年の1月1日から12月31日までに稼いだお金に対して、オンラインカジノ税金を納めなければなりません。

例えば、2020年3月にオンラインカジノで50万円稼いだとします。この場合、翌年2021年の2月16日から3月15日の間に税金を納めることになります。年度ではなく、年単位で区切られていることに注意しましょう。

確定申告には1ヶ月の期間が設けられていますが、なるべく早く手続きをすることをおすすめします。

確定申告の時期は税務署が大変混み合います。また、確定申告を先延ばしにする人が多いので、3月は特に混雑が目立ちます。

一方、早めに確定申告をしたい人は、2月16日から始まる第1週に集中します。そのため、申告のベストタイミングは、混雑が少し落ち着き始める2月下旬から3月上旬頃だといえるでしょう。1日のうち、午前中は特に混雑するので、午後に行くことをおすすめする。

税務署の混雑を避けたい方は、インターネットや郵送で確定申告書を提出することをおすすめします。

次に、確定申告の流れについて詳しく説明します。

ステップ1

確定申告に必要な書類を用意する

まず、確定申告に必要な書類を用意します。オンラインカジノから収支報告書が届くまでに数日かかる場合がありますので、早めに連絡をしてください。

ステップ2

確定申告書の作成と提出

必要な書類が揃ったら、確定申告書を作成します。確定申告書は、国税庁のホームページからダウンロードすることができます。または、税務署、市区町村役場の税務課、確定申告相談センターで受け取ることもできますし、税務署から郵送で取り寄せることも可能です。

確定申告書は2種類あります。「確定申告書A」と「確定申告書B」があり、「確定申告書A」は給与所得者(会社員、パート、アルバイトなど)、年金受給者向け、「確定申告書B」は誰でも使える汎用的な用紙となっています。どちらを使うか迷った場合は、確定申告書Bを使いましょう。

この確定申告書には、所得金額、所得控除額、住民税額を記入することになります。記入の仕方がわからない場合は、税務署で教えてもらうことができます。

会社にお勤めの方は、確定申告書を作成する際に、2ページ目の「給与所得者のその他の所得に対する住民税の徴収方法」の「普通徴収」にチェックを入れることをおすすめします。

この欄にチェックを入れないと、住民税の徴収票がご自宅ではなく会社に郵送されてしまいます。会社によっては副業を禁止しているところもあり、その場合は就業規則に違反する恐れがあります。

そのため、確定申告書を記入する際はご注意ください。

ステップ3

確定申告書は、税務署に直接提出する方法と、郵送で提出する方法があります。これらのうち、好きなものを選びましょう。税務署に直接提出する場合、その場で質問をすることができるので、初めて確定申告をする人にはそちらがおすすめです。

支払い手続き

確定申告書を提出し、所得税額が確定したら、税金を納めることになります。 所得税の納付方法は6種類あります。所得税の納付期限は、確定申告書の提出期限と同じ3月15日(3月15日が土・日曜日の場合は翌月曜日)です。

確定申告に必要な種類

確定申告をする際には、以下の3つの書類を用意する必要があります。

支払調書は、オンラインカジノに問い合わせることで入手できます。オンラインカジノに支払調書の発行を依頼する場合は、日本語でカスタマーサポートが受けられるオンラインカジノを利用することをおすすめします。

または、ご自身で保管している収支報告書や帳簿をプリントアウトしたものを受理してもらうことも可能です。詳しくは税務署にお問い合わせください。

オンラインカジノでは、経費の領収書は必要ありません。

オンラインカジノで稼いだお金がばれないように

では、オンラインカジノで稼いだお金を隠すこことができるのでしょうか?

結論から言うと、稼いだお金を隠すことはできません。オンカジ 税金 ばれないと言うことはあり得ません。

と言うのも、オンラインカジノでは銀行送金などを利用して利益を現金化するため、税務署にお金の動きがわかります。そのため、利益があった場合、それらを隠すことは不可能となります。

オンカジ 脱税をした場合、無申告加算税として納付税額に対して、500,000円までは15%、500,000円を超える部分は20%の税率を乗じて計算されます。なお、納税者が税務署の調査を受ける前に期限後申告を自主的に行った場合、無申告加算税は納付税額に5%の税率を乗じて計算した金額に減額されます。

次に、3月15日までに所得税が納付されない場合、延滞税が課されることとなっています。この延滞税は、法定納期限の翌日から納付した日までの日数に応じて自動的に課されるもので、利息に相当するものとなります。この延滞税の税率は年によって異なります。

オンラインカジノは銀行を利用するため、税務署は資金の動きを把握することができます。特に金額が大きい場合は、税務署がカジノに監査を行うこともあります。そのため、オンラインカジノで年間500,000円以上稼いだ場合は、オンラインカジノ 脱税をせずに、必ず確定申告をするようにしましょう。

オンライン カジノの税金対策

オンラインカジノで頑張って稼いだお金は、なるべく税金を払わないようにしたいものです。ここでは、いくつかのカジノ 税金 対策をご紹介します。簡単な作業でオンラインカジノ 節税が可能です。

賞金を500,000円以下に抑える

オンラインカジノで獲得した賞金があっても、控除対象額以下であれば税金を支払う必要はありません。そのため、年間の所得が控除額を大きく下回るように調整するとよいでしょう。

例えば、利益が490,000円であれば、そこで遊びをやめることで納税の義務を免れることができます。また、すでに500,000円を超えている場合は、あえて損切りをすることで控除額以下に調整することも可能です。

500,000円以下の出金をする

利益は、個人口座に出金された時点で確定します。そのため、500,000円以上の利益が出た場合でも、出金額を500,000円以下にすることで、利益として確定させずに資金を確保することができます。

そうすることで、銀行が500,000円以下と記録するため、税金を払わずに済み、オンラインカジノ 税金対策となります。

海外決済会社を利用する

近年、マイナンバー制度により、すべての資金の動きを確認することができるようになりました。しかし、海外の銀行口座や決済サービスを利用した場合、マイナンバーで追跡することができません。

そのため、オンラインカジノで得た利益を日本の銀行口座だけでなく、海外の口座に出金しても課税対象とはみなされず、納税を回避することができるのです。

ただしこの場合、口座を持っている国にて税金を納めなければならないこともあります。そのため、事前にしっかりと調査を行うようにしてください。

まとめ

オンラインカジノで収益があった場合は、確定申告をして税金を納める必要があります。この確定申告をしないと、後からペナルティーを支払わなくてはいけなくなってしまいます。そのため、オンラインカジノをプレイする際は、毎月収支の計算をして、正しく税金を納めるようにしましょう。また、税金を納めたくないのであれば、この記事で紹介したオンラインカジノ 納税をするのがいいでしょう。そして、オンライン カジノ 脱税は絶対にしないようにしましょう。

#StandWithUkraine

#StandWithUkraine - 私たちはウクライナ人を応援しています。ロシアはただウクライナ人を攻撃するわけではありません。
これは民主主義の価値、人権や平和との戦争です。私たちは影響を与え、募金してウクライナ人を支援することができます。

寄付オプション1 寄付オプション2