baccarat

一度好きになるとやめられない、カジノゲームの代名詞といえばバカラ。

世界中で人気があると言っても、特にアジア圏で人気が高いと評判のカジノゲームの一つです。

世界中のプレーヤーを魅了し続ける、カジノゲームといえばバカラを含む、カードカジノゲームなのですが、ブラックジャックやポーカー、ルーレットなども同じように人気はあります。そして、全ての攻略法ではありませんが、これらのゲームにおいて共通に使用できる攻略法も存在します。そしてこれらの攻略法は、バカラでももちろん使用できます。

数あるカジノカードゲームの中で、「なぜバカラの人気が高いのか?」不思議になりませんか?

そして一度ハイローラーとなってくると、たちまちバカラ界でも一目を置かれるようになり、世界中のランドベースカジノから引っ張りだこになる、夢のようなカジノゲームと言われています。

オンラインカジノのバカラもアジアで人気?

ランドベースカジノのみでなく、オンラインカジノサイトでも人気のあるバカラ。ライブカジノのみでなく、ビデオゲームにおいてもバカラをプレイするプレーヤーは多いようです。

オンラインカジノは世界中でプレイが可能で、その中でもアジア圏内のプレーヤーが多いのが特徴です。

オンラインカジノのライブバカラで常連となり、ディーラーとも他国のプレーヤーとも親しくなり、さらに白熱してくるのが魅力のようです。

アジア圏内では昔から賭博ゲームというゲームは、早い・利益になりやすい・勝敗が一気にわかり明確・続けてゲームを行うとさらに盛り上がる、と言ったゲームが流行る傾向があるようです。特に、ゲーム自体をゆっくりと嗜みながら楽しむ欧米の人たちに比べて、アジア圏内の人々は高率での配当に弱く、勝負が決まるのが早いのが好きなようです。

オンラインバカラであると、1ドルから人の目を気にせず賭けれることから、オンラインカジノでのプレイの人気が上がってきているようです。

慣れると勝ちやすい

バカラはスピード感あふれるカジノゲームですので、慣れてくれば慣れるほど勝率が上がると言われています。

最初より大勝ちすることが滅多にないゲームですが、少しずづ小額を賭けながら学んでいくことにより、気がつけばハイローラーとなっていることが多いゲーム。

最初はビデオゲームからスタートし、その後にライブカジノで勝負をかけていくのが、無難な方法でもあります。

ランドベースバカラ

ランドベースカジノの中でも歓声が聞こえてくるのは、後にも先にもバカラだけです。プレーヤーとバンカーに見物者がどちらかの勝負に賭けていきますので、人数制限も他のゲームよりゆるく、たくさんの来場者がゲームを共に楽しめるのも好まれている理由。

ランドベースカジノには、ランドベースカジノでしか楽しめないバカラも存在するため、オンラインカジノサイトでまだプレイしたゲームをプレイすることも可能。

逆にいえば、ランドベースカジノのバカラ場ではプレイが不可能なバカラが、オンラインカジノサイトではプレイが可能であるといえます。

しかし、いずれにしても基本のルールとスピード感に慣れてしまわないと、他のバカラゲームに参加しても負ける確率の方が高くなってしまいます。プロのバカラプレーヤー一覧などで、各プレーヤーの歴史や、どんな種類のバカラで勝者となったのか、研究するのも楽しいかもしれませんね。

高配当率のバカラ。負けが続いた時に、さっとやめれる技術が身につくのも経験からであるといえます。

ランドベースカジノ場で本気でバカラを楽しむのであれば、やはり最初はオンラインカジノサイトのバカラで少しずつ練習した方が無難です。

バカラの歴史

バカラはイタリア発祥のカードゲームであることを皆さんご存知でしょうか?

現地イタリアではプントバンコとして知られており、今でもカジノゲームの中の一つとして君臨しているカジノの王様的ゲームです。

時代は遡り16世紀より楽しまれているバカラは、20世紀に入った頃よりアメリカへと渡り始めます。

当初は上級階級のゲームだったプントバンコも、この頃より市民の中でも楽しまれるようになりました。

その後ゲーム名が、プントバンコよりバカラと呼ばれるようになりました。さらには、数々の新しいルールのバカラが登場し、その人気はさらに勢いづいたのです。

中国ではパイガオと言って、カードのかわりにパイを使用してゲームを進めていくゲームが進化し、バカラと言われるようになったとも言われているようです。様々な言い伝えや歴史が残るバカラですが、これほどまでに歴史が語り継がれているゲームもまた、バカラが一番であるといえます。

日本でのバカラ

日本では闇賭博といえばバカラといえます。

数々起きている闇賭博事件で、ブラックジャックやポーカー、ルーレットが関わっている事件はそんなにききませんよね?

それほどまでにバカラは人気があり、闇賭博として町中に蔓延るようになりました。そして、ゲームセンター感覚で大人がこぞって通うようになり、今では闇バカラ事件が発覚してもそんなには驚かなくなったのではないでしょうか?

アジア諸外国

日本以外でも、中国や韓国でもバカラは人気があります。お隣韓国では、カジノは観光客や一定の一般客においては違法とはなりませんが、こちらの国でも闇バカラはあるようです。

なぜそんなに闇の領域でバカラが流行るのか?

これは配当率が関わっているようです。高配当率を売りに客引きをして、高額賭け金よりのコミッションで、闇屋は商売が成り立つからです。

そして、なんと言ってもスピード。早く勝負がつくため、フラッと立ち入りやすいのです。そのスピードの速さより、一晩で何億というこう配当金を手にすることも可能です。この「もしかして・・・」にアドレナリンが想像以上に誘発されてしまう・・・ということのようです。

しかし、これはハイリスク・ハイリターンなうえ、闇とくればゲームと関係のない他の事件にも巻き込まれがちなので、皆さんはくれぐれもオンラインカジノのバカラやランドベースカジノのバカラ場でプレイするように心がけてくださいね。

ラスベガスを超えたマカオ

アジア圏内でカジノといえば、マカオが最初に連想されるのではないでしょうか?

マカオには年間2000万人を超える観光客が訪れ、その半分以上がカジノ場へ訪れるそうです。そしてその中でも人気が高いのが、初心者でも参加しやすいカジノスロットとバカラであると言います。

マカオのカジノといえばスタンレー・ホー氏。ジャッキー・チェン氏などと組み、カジノ業界をマカオ国内でも人気のある存在ですが、スタンレー氏の妹、ウィニー氏もまたラズベガスのM G Mと業務提携を行い、マカオのカジノ産業を大きく成長させた人でもあります。

アジアには他の国にもカジノが存在するのに、マカオのカジノ産業がここまで栄えたのは、このホー一族のおかげであるともいえます。

まとめ

アジアの国々でバカラが人気なのは、ゲーム展開のスピードの他に、高配当率や周りの大勢の人たちと共にゲームを楽しめると言ったところにあるようです。

ニュースでもよく流れているように、非常に熱くなり、盛り上がるゲームですので、我を忘れてゲームにのめり込んでしまう危険性も高いのも事実です。

簡単に手を出しやすいゲームに見えてしまうバカラカジノゲーム。バカラにはたくさんの種類が存在し、ルールも異なりますので、慣れるまでは大きな勝負はしない方が良いゲームかもしれません。