baccarat

宝くじやパチスロやオンラインカジノにおいて、バカラは期待値が高いゲームですが、還元率が高めなバカラであっても、引き際はとても重要です。日本のパチスロと比較してもかなり高く、オンラインカジノを含めるカジノゲームの中でも比較的勝ちやすいゲームであることは確かです。

バカラのみで生計を立てているようなプレーヤーの話は、全く信憑性のない話が多い。それで高額配当金で生活を送っている人も中に入るようです。

オンラインカジノではまだ世界的に有名なバカラ勝者は出ていませんが、歴史上に残るバカラの勝者、知っておくことでさらにバカラが楽しくなる(オンラインバカラの遊び方はおすすめです)かもしれません。

オンラインカジノプレーヤー必見!この人たちを知っておこう

トミー・レンゾーニ

プントバンコをラスベガスに持ち込んだと言われている名人がいます。その名もトミー・レンゾーニ。この男性はアメリカのバカラの父とも言われている存在でもあります。

バカラを持ち込んだだけでなく、バカラの勝率を予測できる男としても有名でした。トミー・レンゾーニは視察力に優れ、物事の決定が早いのが特徴です。彼の残したバカラの名言というものがあります。

「運が無くなったということは、それに対し十分な証拠があり、さらに下した決定がうまくいかない場合には、勝ちパターンが終了した時ということを深く認識しないと大負けしてしまう。」

“流れの良い時に、大きく勝負に出て、負けが見え始めたらすぐに手を引きなさい”

ということを語っているのです。切り上げるタイミングを見逃してしまったら、後に引けなくなり、最後には全てを失っていたということになります。

プントバンコをアメリカへ運んだこの男性は、天才的なギャンブラーでもあったということです。

柏木昭雄

日本国内のバカラ伝説を残した人柏木昭雄は、80年代から90年代にかけてアメリカのラスベガスでその名を不動のものにした唯一の日本人男性となります。600万ドル以上を叩き出した柏木氏は、この時代の史上最強のバカラプレーヤーと呼ばれていました。

そして、面白いことに600万ドルを手にした際の対戦相手は、元アメリカ大統領であるドナルド・トランプ氏だったのです。ドナルド・トランプ氏は前アメリカ大統領としても知られていますが、その前は世界的に有名な不動産王でした。 トランプ氏は自身でトランプ・プラザというカジノを経営していたそうですが、柏木昭雄の前で崩れてしまったようです。

皆さんが想像できるように、この柏木昭雄とドナルド・トランプ氏の対戦はカジノ場内を高揚させ、場内は大騒ぎとなったそうです。この後、各メディアも二人の取材に大忙しだったそうです。

この時の二人の勝負は、なんと2日間で柏木昭雄の勝利となり、彼は600万ドルを手にすることになりました。

残念ながら柏木氏は、1992年に日本の自宅で殺害されているのが発見されています。強い精神力のバカラプレーヤーであった、彼の死を惜しむプレーヤーは世界各国にいました。

フィル・アイビー

元はポーカーの達人だったフィル・アイビーは、バカラで960万ドルを獲得した男で知られています。ブラックジャックにもカウンティングという攻略法がありますが、彼もまた、バカラゲームにおいて全てを記憶しながらゲームを勝利へと導いた男でした。

その彼の攻略法は、今でも語り継がれている「エッジ・カウント」。オンラインカジノサイトのバカラでは使用できない攻略法ですが、本場ランドベースカジノでは、記憶力に長けている人であれば簡単に賄えてしまう方法です。

エッジ・カウントは、カードにあるめくった形跡や、傷などを一つ一つ完璧に記憶に残し、数字を識別するテクニックです。しかし、カジノサイドが彼の勝利を不審に思い、不正行為で彼を訴えることとなりました。これにより彼は配当金を受け取ることはなく、カジノを去っていいきました。しかし、彼はマスコミに、「あれは不正でもなんでもない。カジノ側が欠陥のあるカードを使用していただけだ」とコメントを残しています。

さて、ここまではバカラの世界的に有名なプロバカラのプレーヤー三人でしたが、ここからは少し豆知識として、バカラにおいて負債で有名になった人、並びに1度の賭け金が大きかった人について見ていきましょう。

負債の帝王:フアド・エル・ザヤット

なんと総額48億円もを、カジノプレイで落としていった有名な人が存在します。

シリアの無事ネスマン、フアド・エル・ザヤットです。彼もまた、残念なことにカジノ業界では負債の帝王として知られています。ビジネスマンであったフアド・エル・ザヤットは、600回以上もロンドンのカジノ場を訪れて、最終的にはカジノサイドの不当たりで破産となってしまいました。

彼自身のプレイにも問題があったかもしれませんが。カジノもビジネス。不渡りも発生することがあります。

フアド・エル・ザヤットのように、不渡りで負債を抱え込むバカラ好きなギャンブラーは多いようです。日本でも、ありましたね。

井川意高

日本国内では、今や知らない人はいないのではないでしょうか?大王製紙事件。彼はマカオでどっぷりハマってしまい、人生を落としてしまた負債の王様でもあります。不正引き出しの総額は、106億円にものぼりました。最終的には、負け金額の総額は165億円となっています。

2009年に数百万円で始めたバカラ王子が始めたバカラゲーム。

2010年には総額で、20億5000万円を使い込み、翌年2011年には94億円を使い込んでしまったという、バカラゲームにおける負けの部分が強く出てしまった事件となりました。

びっくりするような金額で日本中をあっと驚かせた事件ですが、これによりバカラゲームが日本でもブームになったのも事実です。実際に、この事件をきっかけにオンラインカジノサイトへの登録者が増えました。そしてそのほとんどがバカラプレーヤーであると言われています。

ハイリスク・ハイリターンのバカラゲーム。皆さんなら負け始めた時に、上手く止めることが可能でしょうか?

豆知識

バカラで負ける人には特徴があり、物事をしっかりと考えることができない人に多いように見えます。

直近の勝ち負けにこだわる、メンタルの弱さと計画性のなさが後々の大負けとつながっているようです。

バカラのプロとして稼ごうと思っているのであれば、

まとめ

世界的に有名なプロのバカラプレーヤーといえばこの人!という3人を紹介させていただきましたが、いずれも冷静に物事を冷静に判断することが可能な人物ばかりです。

熱くなりやすいバカラゲームは、負けていることに気がつかず、勝った時の嬉しい気持ちが頭から離れずどんどん負けのループにハマっていくゲームです。

勝っている時にゲームに降りなかった負債の帝王達も紹介させていただきました。

バカラのような、スピード感があり、ハイリスクなゲームを楽しむのであれば、いつが押し時でいつが引き時であるのかを判断できる冷静さが必要であるといえます。 皆さんはどうでしょうか?

#StandWithUkraine

#StandWithUkraine - 私たちはウクライナ人を応援しています。ロシアはただウクライナ人を攻撃するわけではありません。
これは民主主義の価値、人権や平和との戦争です。私たちは影響を与え、募金してウクライナ人を支援することができます。

寄付オプション1 寄付オプション2