baccarat

つい最近までは、バカラを含む賭博行為は日本全国で禁止されていました。

I R法案によって、日本の賭博方自体が改正され、国の許可を得れば違法ではなくなってきます。

しかし、そこにはたくさんの課題が山積みとなっていて、これからまた新たに改正されていく恐れも。本当にバカラ賭博は解禁されたのでしょうか?

まだ不確かな日本国内の賭博、超えてはいけない一線を確認しておきましょう。

オンラインカジノ

オンラインカジノによるバカラ賭博がなぜ日本では賭博法違反とならないのか?これは、賭博を開催している場所によります。賭博を開催している場所が日本国内ではないのと、日本国内で人が集まりプレイをしているのではないからです。

少し微妙なニュアンスですが、日本国内の法律であり、日本国外の法律ではないからであるともいえてきます。憲法185条、186条に当たる行為は、単純賭博罪と常習賭博罪と呼ばれ、この中には賭博開帳図利罪も含まれており、これは、事故の利益のために己が主催して賭博場を開設する行為に罰せられる罪名で、簡単にいうと「賭博をする場所を提供して利益をあげたことに対する罪」ということになります。

オンラインカジノでのバカラ賭博もそうではないかといえばとてもグレーゾーンなのですが、オンラインカジノサイトの運営には、各国のライセンスを保持する決まりとなっていて、各オンラインカジノは日本国外に所在し、そして国が発行するライセンスを保持していることから、違法行為にはならないようです。電子空間は賭博場にあたらないと法律上されています。

しかし、列記としたオンラインカジノであれば別なのですが、日本国内で提供した場合、何が起こるのでしょうか? 実際にオンラインを介してカジノを提供した、オンラインカジノまがいの店舗が摘発されています。

オンラインカジノ?

2020年3月、東京都、新宿、六本木、渋谷などでオンラインカジノまがいの“インターネットカジノ”を提供していたインターネットカジノ店が摘発されています。

インターネットに接続されているPCを利用して、利用客よりバカラゲームの手数料で利益を上げており、総額3億3800万円を売り上げていたことが判明。

デジタルバカラ

新宿歌舞伎町で、顧客会員350人にオンラインカジノまがいのデジタルカジノ店を運営していた経営者が逮捕されています。

この店では独自に開発したデジタルバカラ台で特許を取得。このデジタルバカラを用いた犯罪でした。そして、この容疑者は、このデジタルバカラ台を日本全国で販売する予定があったとして、余罪を追及しています。

オンラインカジノを使用した犯罪

オンラインカジノをとはいえ、私たちがよく知っている違法でもなく、詐欺でもないオンラインカジノのことではなく、海外より配信されているバカラサイトに接続し、顧客から配当金の手数料を受け取る事件も発生しています。

これはオンラインギャンブルとも呼ばれているサイトで、バカラであればバカラ、スロットであればスロットとゲーム別になっていることが多く、今、私たちが目にしているライセンスを受けているオンラインカジノサイトとは別物に当たります。

賭博方が改定された今後、一体どのように変化していくのか楽しみである人も多い。では一体どのように改定される予定なのでしょうか?

カジノ法案

2021年7月19日に、国内のカジノを解禁とする条項が発表されました。これが執行されることによって、日本国内でのカジノ賭博は法律上、違法となりません。しかし、これはランドベースカジノの開業を打診したものではなく、あくまでリゾート地のサービスの一つとしての許可です。

ですから、街角でバカラ賭博に参加することも、また場所を提供したり、他者を誘ったりするのも禁止となります。

宝くじ、競馬、競艇、競輪、パチンコと並び、IR建設内のカジノにおいては合法であるということで、カジノ自体が合法化されるわけではありません。

麻雀は、配当として景品を手渡すのも違法とされています。

まだまだカジノは日本では違法扱いなのですが、IRリゾート地と街角のカジノ、何が一体違うのか少しわかりにくい方もいらっしゃると思います。

IR(総合型リゾート地)とカジノ

日本のI Rカジノ建設が決められた際に、政府はシンガポールやマカオ、ラスベガス、モナコなどのI Rを視察に訪れています。

IRとは総合型リゾート地のことで、ホテル、遊園地、ショッピングセンターなど娯楽施設が集結している建設物のことを呼びます。

アメリカでは州、韓国、マカオ、フィリピン、ネパール、そして南米のブラジル、ペルー、ボリビアを除く国ではバカラ賭博は合法とされています。

イギリスなどでは、ホテル内のみでならず街角にもカジノが存在しますが、マレーシアのように国営カジノでない場合には、IRの一つの中にカジノがある場合が多いといえます。

日本がIRカジノ建設に踏み切った理由として、公益をあげる、外国人観光客の動員などが主な理由とされており、入店においても入場回数の制限などが規制されるようです。日本での法案はIRのみ、カジノ建設が合法であるとされますので、まだまだバカラ賭博というジャンルにおいては、他の国よりも厳しいようです。

実際にあったバカラ事件

新宿歌舞伎町事件

東京都新宿区歌舞伎町で、来店した客に店内でバカラ賭博を斡旋したとして、店長をはじめとする従業員が賭博開帳図利の疑いで七人が現行犯逮捕されました。

ゲームの流れや、賭け金を手元のシステムを介して表示されるシステムなども導入しており、情状酌量の余地なしとしました。

賭博開帳図利での逮捕者

違法カジノ店から家賃を受け取っていた不動産業者も摘発されています。実際に参加はしていなくても、バカラ提供者に場所を提供していたという罪に問われました。

それでは客として来店すれば罪は軽くなるのでしょうか?

大阪では、顧客として賭博店に訪れ、ゲームをすると単純賭博容疑で逮捕されたケースもあります。ただ、同伴していた賭博を行なっていない客も書類送検となり、合計で50人も逮捕者が出た大きな事件となっています。

なぜバカラが多いの?

バカラは種類が多く、ルールも異なり一見難しそうにも見えますが、実は基本のルール自体はとてもシンプルなもので、初心者でも簡単にゲームに参加することが可能なゲームなのです。

スロットの方が簡単といえば簡単なのですが、それであればパチンコ店へいけばパチスロを楽しむことが可能です。

バカラのルールは本当にシンプル。ほとんどのバカラの場合、最初に9、もしくは9に近い数字をバンカーとプレーヤーどちらが先に出すかに賭けるゲームですので、参加とはいえ観客として参加し金銭を賭けるというゲームになります。バカラはなぜアジアで人気なの?と疑問に思っていた方、納得ですね。簡単でスピード感があるからです。

簡単な故に、トランプゲームのような感覚で金銭をかけ始め、どんどんのめり込んでいく人が多いようです。

しかし、公営以外の賭博自体は違法行為。

如何なる事情でも参加してしまったり、違法バカラを斡旋している店内に居ただけでも犯罪となります。

まとめ

日本でバカラは違法行為と認識しておいた方が賢明です。どうしてもバカラを堪能したいのであれば、オンラインカジノサイトを利用するか、日本で建設されるI Rにあるカジノ場へ出かける、もしくは、海外旅行がてらに海外のカジノ場でバカラを楽しむ3つ方法となります。

「ちょっとだけ」、でも違法となりますので絶対に参加しないように心がけましょう。