ripple casino

皆様は、「リッピる/Ripple」という仮想通貨をご存じでしょうか。

リップルはビットコインとイーサリアムに次ぐ第3位時価総額を誇っている暗号通貨です。意外と知られていませんが、リップル社は日本の三菱UFJ銀行やみずほ銀行、三井住友銀行を始めとして、世界中の様々な金融機関と提携しています。つまり、リップル社の信頼性がかなり高いとも言えるでしょう。とはいえ、リップルやその他の仮想通貨をご存じでない方が未だに多いかと思います。

果たして、リップルとはどのような仮想通貨でしょうか。また、リップルはどのような方におすすめできる仮想通貨でしょうか。ビットコインや他の仮想通貨と何が違うでしょうか。皆様も気になるところだと思いますね。

本記事でリップルの基本的な情報から様々なメリットまでをご紹介いたしますので、是非ともご一読ください。記事の最後には、リップルを決済方法として採用しているオンラインカジノの一覧もご紹介いたしますので、ご参考になれば幸いです。では、早速本題に入りましょう!

Ripple対応オンラインカジノ

#カジノボーナスプレイのまとめゲームの一覧入金
1
7signs
最大¥62,500+100フリースピン 7signs 1151+
2
YOUS CASINO
N/A YOUS CASINO 2500+
3
Casino-X
200% + 200FS Casino-X 1100+
4
Stake
N/A Stake 14+
5
Casino.me
最大 $1,500ボーナスマネー Casino.me 2000+
6
KaKeYo
最大¥100,000 + フリースピン50回分 KaKeYo 1000+
7
Sportsbet.io
N/A Sportsbet.io 2900+
8
5plusbet
500ユーロのウェルカムボーナス+最大100 FS 5plusbet 2511+

リップル(“Ripple”)とは?

リップル(単位: XRP)は、2012年から配布を開始した仮想通貨です。とはいえ、リップル自体の歴史はそれよりもはるかに古いです。

リップルは2012年に初めて公開される前に、もともとRyan Fugger(ライアン・フガー)氏が2004年に考案した仮想通貨です。言い換えれば、リップルの歴史はビットコインが公開される前から既に始まっていたということになりますね。

一つの大きな特徴として、リップルは「リップル社」(“Ripple Inc”)という会社により管理されており、ビットコインやイーサリアムとは異なり中央集権型仮想通貨になっていることが挙げられます。つまりビットコインの場合は、ネットワークに参加する全員が管理を行っていますが、リップルははっきりとした会社が管理していますよね。

また、リップルはビットコインとは違う技術を採用することで、トランザクションや決済をたったの数秒で完成することができます。その技術はなんと、大手の「グーグル」や「マイクロソフト」も利用しています。もちろん、リップルを決済方法として採用しているオンラインカジノも最近多くなってきました。

リップル社は主に国際送金システムを開発しており、迅速かつ安全な決済システムを目指しています。初めて公開された当時はSWIFT(“Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication”、国際銀行間通信協会)が抱えていた問題を解決するために発案されました。それに成功しただけでなく、リップルは世界中の様々な金融機関や企業と提携することになりました。現在、リップルは下記の銀行を始めとして、様々な金融機関と提携しています。

ご覧の通り、国内の「三菱UFJ」や「SBIホールディングス」との提携も発表されており、日本でもリップルの技術が既に広く採用されています。ビジネスの面でも、かなり魅力的な暗号資産ですね。

さて、リップルの基本的な情報の紹介はこれで以上です。続きまして、リップルの様々な特徴を詳しくみてみましょう。果たしてリップルを利用するメリットとは何でしょうか。

リップル(“Ripple”)を利用するメリットとは?

リップルの歴史といろいろな特徴についてご紹介いたしましたが、本項目では、ビットコインやその他の仮想通貨よりも、リップルを利用した際に得られるいくつかのメリットをご解説いたします。リップルを利用するメリットがこちらです。

リップルの発行上限はビットコインよりも高い

皆様が既にご存じの通り、ほとんどの仮想通貨は発行枚数に上限が設定されています。ビットコインには、2100万枚の発行上限が設定されています。ライトコインの発行上限は、その4倍の8400万枚です。いずれの場合も発行上限数が多いと思われるかもしれませんが、発行上限においてはリップルがどちらの仮想通貨をも大幅に超えています。

実は、リップルの発行上限数は1000億枚にも設定されています。しかも、その1000億枚のすべては既に発行されているため、リップルではマイニングというようなシステム自体が存在しません。もちろん、そのすべてが市場に既に流通しているわけではなく、リップル社と創業者がその多くの部分を保有しており、少しずつ市場に売り流していく仕組みとなっています。その点も、次のメリットに繋がっています。

リップルはマイニングをなくすことでコストを削減できる

実は、マイニングをなくすことで、リップルはコストを削減することができます。通常、ビットコインなどの仮想通貨をマイニングするときに特殊な機械が必要となったり、設備費用や電気代がかなり高いというデメリットがございましたね。一方、リップルは既に発行上限酢が既に発行済みなので、マイニングのコストを最小限に落とすことができます。地球環境に優しいというメリットもございますね。

リップルはビットコインより送金時間が速い

ビットコインの課題として「送金時間」がございます。ビットコインは決済完了まで平均10分程度かかると言われています。それに対し、リップルは同じ送金を平均4秒で実行できます。ビットコインよりも、何倍の速さで同じ作業を完了することができます。その裏には、技術的な理由がございます。

ビットコインやイーサリアムといった暗号通貨は中央管理者が存在しないため、PoW(“Proof of Work”、プルーフ・オブ・ワーク)というアルゴリズムを使用しています。この技術は、二重払いを防ぐための仕組みだとお考えください。一方、リップルはPoC(“Proof of Consensus”、プルーフ・オブ・コンセンサス)という承認システムを採用しています。この技術を使用することにより、トランザクションはリップル社のサーバーで行われ、バリデーター(“Validator”、承認者)の8割が合意した場合のみ取引が成立します。それもまた、ビットコインよりも速く作業を完成できるわけです。

リップルに対応しているオンラインカジノ

最後には、リップルを決済方法として採用しているオンラインカジノをご紹介いたします。本記事でリップルに興味を持った方は、是非ともこちらの一覧をご参考にしてくださいね。

まず、リップルの購入をご検討されている方には、下記の仮想通貨取引所をおすすめいたします。

オンラインカジノ名リップルでの
ベット
リップル入金リップル出金
ビットカジノ50 XRP / 上限なし100 XRP / 上限なし
スポーツベットアイオー50 XRP / 上限なし100 XRP / 上限なし
ライブカジノアイオー50 XRP / 上限なし100 XRP / 上限なし

日本でもリップルを取り扱っている取引所が存在することはありがたいことですね。

続きまして、リップルに対応しているおすすめのオンラインカジノがこちらです。

ご覧の通り、リップルのままで遊べるオンラインカジノがまだ少ないですね。それだけが唯一残念な点です。

リップルのまとめ

本記事でリップルという仮想通貨をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

とりあえず、本記事で理解したリップルの主なポイントが下記の通りです。

そして、本記事でご紹介したリップルを利用する主なメリットは下記の通りです。

⭕リップルの発行上限はビットコインやライトコインよりも高いです。

⭕リップルはマイニングシステムをなくすことで、コストを削減することができます。

⭕リップルはPoCという承認システムを使用しているため、ビットコインよりも送金時間が短いです。

やはり、かなり将来性の高い仮想通貨ですね。ビットコインやイーサリアムより優れているところも実際に存在します。

唯一残念な点は、リップルのままでベットできるオンラインカジノが未だに少ないことですね。とはいえ、リップルが大人気な仮想通貨で世界中から支持を集め続けていることは事実です。近い将来に、リップルで入出金が可能のオンラインカジノがだんだん登場してくる可能性も高いでしょう。執筆者個人としては、リップルのこれからの発展には期待をしております。

最後に、リップルを含め仮想通貨に対応しているオンラインカジノを過去にご紹介したことがございますので、興味のある方は是非とも当サイトの記事をご参考にしてください。