online casinos

日本では法律でギャンブルが禁止されています。そのため、気軽にオンラインカジノなどのオンラインギャンブルを楽しむことができないですよね。

また、本格的なカジノを体験したい場合は、海外に行かなければいけません。海外の多くの国ではギャンブルが合法であり、自由にカジノゲームを楽しむことができます。

そこで悩んでしまうのが、どこの国でギャンブルをするかということですよね。

そこでこの記事では、ギャンブルをするのにぴったりの国を紹介します。

アメリカ

世界のギャンブル大国として忘れてはいけないのがアメリカでしょう。「カジノといえばラスベガス」というイメージが浸透している通り、アメリカではギャンブルが日常的に楽しまれています。多くのセレブやスポーツ選手もラスベガスでギャンブルを楽しんでいますよね!

ただし、アメリカでは州によって法律が異なり、ギャンブルが認められているかどうかわかれています。

アメリカではラスベガスの他、リノ(ネバダ州)、アトランティックシティ(ニュージャージー州)などの都市でカジノが設置されています。そのため、アメリカでギャンブルを楽しみたい場合は、これらの都市を訪れるのがいいでしょう。

ただし、アメリカではギャンブルは課税対象となっており、1,200ドル以上の利益を得た場合、30%の税金を払わなければいけないことになっています。そのため、ビッグウィンが出た場合には、正しく納税をするようにしましょう。

オーストラリア

世界の多くの国でギャンブルが楽しまれていますが、中でもギャンブル率が高い国として知られているのがオーストラリアです。オーストラリアでは、1人あたり年間$1200以上を賭博にお金を使っているというデータがあります。また、成人人口の約16%に相当するオーストラリア人の290万人がスロットマシンをプレイしているというデータも出ています。

この290万人のうち42%の人が週に1回のペースでギャンブルをしているのだとか。このようなデータから、オーストラリアは世界で最もギャンブルが楽しまれている国だとされています。

オーストラリアではシドニーやメルボルンなどの大きな都市にカジノがあるだけではなく、ほとんどの州のパブやクラブでスロットマシンが設置されています。そのため、お酒を飲みながらちょっとしたギャンブルをするのが人気となっているのです。

このように日常的にギャンブルが楽しまれているオーストラリアでは、ギャンブルに対して税金をかけていいません。そのため、気軽にギャンブルを楽しみたいという方に最適な国だといえるでしょう。

オーストラリアではインターネットカジノの人気も高くなってきており、多くの国民が楽しんでいます。

シンガポール

日本からアクセスしやすいシンガポールはギャンブルにもおすすめです。シンガポールではギャンブルが合法になったばかりですが、18歳以上のシンガポール人約50%がギャンブルを経験したことがあるというデータがあります。そのため、シンガポールではギャンブルがかなり浸透しているといえます。

シンガポールで日本人に人気のホテルといえば、マリーナベイサンズですよね!シンガポールではマリーナベイサンズの前に大きなカジノを設置しているので、ホテルに宿泊しているのであれば、いつでも好きな時にカジノに行ってギャンブルを楽しむことができます。

カジノというと周辺の治安が悪いイメージですが、シンガポールはとても安全な国なので、深夜でも安心してカジノを利用することができます。そのため、シンガポールはカジノ初心者にもおすすめの国だといえるでしょう。ドレスコードも非常に緩いので、観光のついでにいつでも気軽に立ち寄ることが可能です。

マカオ

世界的にギャンブル大国として知られているマカオ。そんなマカオは「東洋のラスベガス」とも呼ばれており、マカオ国内になんと41のカジノがあります。これらのカジノはどれも豪華なつくりであり、リゾートホテルやショッピングモールに併設されています。そのため、カジノならではの豪華な雰囲気を味わいたいという方にマカオは最適な国だといえるでしょう。

また、マカオのカジノは基本的にドレスコードが設けられていないことが多く、Tシャツ、短パンなどラフな格好で入場することができます。そのため、緊張せずに気軽に利用できるカジノがいい、という方にマカオは最適だといえるでしょう。

マカオにはカジノが併設されたリゾートホテルがたくさんありますが、中でもザ・ヴェネチアン・マカオ・リゾートホテルはイタリアの雰囲気が楽しめるホテルとして人気を集めています。

カナダ

あまり知られていませんが、カナダは世界有数のギャンブル大国だといわれています。カナダでは1497年からギャンブルが楽しまれていたという歴史があり、国民の多くが楽しむエンターテインメントとなっています。現在では、エドモントン、モントリオール、サスカチュワン、バンクーバー、リッチモンド、ウィニペグ、ハリファックス、ウィンザー、トロント、ナイアガラなど、カナダのほとんどの州にカジノがあります。

また、2000代にはオンラインカジノが合法になり、カジノ国内でインターネットカジノやスポーツベッティングが楽しまれるようになりました。

カジノではギャンブルに対する勝利金に対して、税金を支払う必要はありません。そのため、利益をそのまま自分のものにすることができるので、ギャンブル大国だといえるでしょう。

ドイツ

カナダと同じくギャンブルに対して課税されない国として紹介したいのが、ドイツです。ドイツでは現在70を超えるランドカジノがあり、首都のベルリンやフランクフルト、デュッセルドルフなど多くの都市でギャンブルを楽しむことができます。

また、ドイツでは非課税ということもあり、オンラインギャンブルの人気が高まっています。オンラインカジノのテレビコマーシャルが流れているなど、ドイツ国内にてオンラインギャンブルは非常に身近なものとなっているのです。また、サッカー好きのドイツではスポーツベッティングも人気を集めています。ブックメーカーを利用したオンラインでのベット以外にも、実店舗も多くあり、いつでもギャンブルが楽しめる環境が整っています。サッカーの試合がある日にはスポーツバーに集まってスポーツベッティングを楽しむというのも、ドイツらしい光景だといえるでしょう。

世界でギャンブルを楽しもう!

日本ではギャンブルが法律で禁止されていますが、世界では多くの国がギャンブルを合法としています。そして、国民の多くがカジノやオンラインギャンブル、スポーツベッティングを楽しんでいます。

ただし、ギャンブルをする際には、しっかりと予算を決めて余剰資金で楽しむ必要があります。場合によっては銀行によってチェックされていることもあるので、注意が必要です。もしくは使いすぎを防ぐために、銀行口座に制限をかけることもできます。

この点をしっかりと踏まえて、無理のない範囲でギャンブルを楽しむようにしましょう!

#カジノ ボーナスプレイのまとめゲームの一覧入金
1
Live Casino House
友達紹介ボーナス
最大$430+20FS レビューを読む Live Casino House 1221+
2
Joycasino
200%+500FS レビューを読む Joycasino 1040+
3
EnergyCasino
最大25000円 レビューを読む EnergyCasino 2842+
4
Casino-X
200% + 200FS レビューを読む Casino-X 1100+
5
Vera & Johnカジノ
人気
最高$1000までの100% レビューを読む Vera & Johnカジノ 1064+
6
Lucky Nikiカジノ
入金不要
$30入金不要 レビューを読む Lucky Nikiカジノ 916+
7
Conquestadorカジノ
最大$2500までのウェルカムボーナス レビューを読む Conquestadorカジノ 1450+
8
Wonder Casino
100% 最大$500初回入金ボーナス レビューを読む Wonder Casino 131+
9
Jackpot Cityカジノ
100% 最大 ¥40,000 レビューを読む Jackpot Cityカジノ 525+
10
Bonsカジノ
最大20万円:200%ボーナス+200回のフリースピン レビューを読む Bonsカジノ 1500+

#StandWithUkraine

#StandWithUkraine - 私たちはウクライナ人を応援しています。ロシアはただウクライナ人を攻撃するわけではありません。
これは民主主義の価値、人権や平和との戦争です。私たちは影響を与え、募金してウクライナ人を支援することができます。

寄付オプション1 寄付オプション2