online casinos

アルコール依存症やドラッグ依存症はよく、テレビや新聞で耳にする言葉かもしれませんが、近年ではギャンブル依存症もちらほら耳にするようになりました。精神科での治療を希望する患者の上位3位を占めるギャンブル依存症ですが、アルコール依存症、ドラッグ依存症、どれも同じ依存症です。依存症は、性格・環境・遺伝子・疾患など様々な要因が引き金となり発症します。

以前はあまり注目されなかったギャンブル依存症ですが、ご自身だけでなく皆さんの周りの人にも当てはまる人がいたら手を差し伸べてあげましょう。

それでは、依存症になりやすい人・なりにくい人とは一体どんな人なのでしょうか?

依存症の遺伝子とは?

依存症になりやすい人・なりにくい人に遺伝子が関係されていると、アメリカのミズリー大学の研究でも明らかにされています。

ミズリー大学の研究によると、ゲノムDNAの塩基(SNP)の中で「C」という遺伝子を持っている人ほどギャンブルにハマりやすいという結果が出たそうです。これに加えて「C C」がという遺伝子を持っている人が最もネットカジノというギャンブルにはなりやすい人となり、逆にTという遺伝子を持っている人は依存症になりにくい遺伝子であると報告されています。

依存症は、環境や性格などいろんな要素が含まれていますが、遺伝がこの中でも一番辛い症状なのかもしれません。環境や性格の場合は、要素を取り除けば解決に至る場合がありますが、遺伝子の場合は発病と同時に専門家へ相談するのが良いとされています。

脆弱性遺伝子と呼ばれる遺伝子を持つ方は、要注意であると言えますが、専門家に相談することで症状を抑えることが可能であると言えます。

この遺伝子を持つ人は、他の依存症にも陥りやすく併用発症しか寝ませんので、お心当たりがあるのであれば早めに何らかしかの案を出しておきましょう。

ストレスによる依存症

ギャンブル依存症の中で、特に多くみられるのがストレスによる依存症。性格というよりはもはやストレスから生み出されてしまうのがこのタイプの依存症です。

普段、真面目で勤勉な人ほど、ストレスのはけ口が必要であるのにもかかわらず、ストレスのはけ口が見つからず依存症に至るというケースが多くみられています。

久里浜医療センターでギャンブル依存症と診断され、認知行動診療を受けた患者の9割が男性で、高卒よりも大卒の方が多く6割を占めていました。この中でも既婚者が5割を占めている他、正規雇用者が5割を占めていたそうです。

ここまで見ると、責任のある働き盛りの男性に多いように見えます。責任の重さによるストレスから発症してしまうことが多く、そのはけ口がギャンブルとなってしまうようです。1時の現実要否的な行動がエスカレートしてしまうのでしょう。

現実逃避の一部とも言われている依存症ですが、ストレスの他にも様々な要因が原因で発症されてしまいます。

性格から発症する依存症

性格は幼少期に育った家庭環境で形成されていきます。

子供の頃に育った家庭環境において形成されたトラウマや、コンプレックスなどが大きく、社会に馴染むことができず、生きていく上で支障が出てきてしまうアダルトチルドレン(A C)も依存症になりやすいと言えます。

最も大きな要因は、環境の変化についていけない、またはそれを認めることが出来ないなどの発達障害の一部も関係していると言われています。

幼少期の環境で形成されていく中で、いつも家の中が暗い雰囲気であったり、家庭内での喧嘩が絶えなかったり、また過剰な過保護の中で育っていくと、社会不適合の要因が形成されていきます。

一般的には

などが挙げられます。

忍耐強い人のストレスのはけ口となってしまいやすいのがギャンブルであるように、逆に我慢をすることが難しくそのままどっぷりとハマっていく依存症と、この2つにおいてはよく討論されています。我慢強人のストレスのはけ口が見つからない、そして我慢を知らない人の境界線障害が原因であるともいえます。

薬剤による依存症の発症

性格・環境・遺伝子の他にも、薬剤によって発症する依存症もあります。パーキンソン病などの治療で用いられることの多いドパミンアゴニストという治療薬の成分が、ギャンブル依存症を引き起こす可能性があると言われています。

これは、発されるドパミンによって脳内報酬系という機能に異常が出てきてしまうからと言われています。

この脳内報酬系の異常は、アルコール依存症や、ドラッグ依存症も引き起こしてしまう、怖い症状です。

高揚感や幸福感などを感じる部位である、脳内報酬系からはドパミンが放出されます。一度この部分に、ギャンブルにおける高揚感や幸福感が得られてしまうスイッチが入ってしまうと、ギャンブル以外では高揚感や幸福感が得られなくなってしまいます。

これはアルコール依存でもドラッグ依存でも同じ働きをします。認知行動診療を受けた患者の5割が、すでに何らかしかの精神疾患で精神科を受診した履歴があるとされています。

すでに他の依存症である

すでに、アルコール依存症やドラッグ依存症、不安障害などの精神的な疾患を呼び起こす依存症の症状がある人も、ギャンブル依存症にハマりやすいと言われています。認知行動診療を受けた患者の5割が、すでに何らかしかの精神疾患で精神科を受診した履歴があると報告されています。

これは、物質的な要因がすり替えられているだけで、どれも同じ依存症であるからです。この中の不安障害に関しては、「負ける」ということが不安材料となってしまい、ギャンブル依存症の症状を招いてしまいます。

ギャンブル依存症になりにくい人

ギャンブル依存症になりにくい人の特徴は、多忙多趣味、計画性がある、人間形成がなされている、遺伝子的に問題がないなど数えあげたらキリがありません。

多忙多趣味の中の趣味がギャンブルになってしまっては、堂々巡りとなってしまいますが、家庭内の業務や、仕事が忙しい中、趣味をたくさん持つことはストレスのはけ口にもなりますし、一つのことに依存しなくても良いと言えますので、これは依存症のカウンセリングにおいても勧められている方法でもあります。

ギャンブル依存症になりにくい人は、多忙、多趣味、経済観念があるなどがほとんどです。

趣味と一言で言っても見つからない人は、第三者から褒められたことに目を向けるなど、ギャンブル以外の項目で生活を充実させてみてはいかがでしょうか?

まとめ

ギャンブル依存症になりやすい人の特徴は次の通りです。

ギャンブル依存症になりにくい人の特徴は以下の通りです。

依存症は、最終的には周りに迷惑をかけてしまう他、大切なものを失うことになりかねません。一つのことにしか目を向けられないのは、「依存症」という疾患です。最近では簡単にカウンセリングを受けれる施設が多数あります。手遅れになる前に早めに受診してみてはいかがでしょうか?

#StandWithUkraine

#StandWithUkraine - 私たちはウクライナ人を応援しています。ロシアはただウクライナ人を攻撃するわけではありません。
これは民主主義の価値、人権や平和との戦争です。私たちは影響を与え、募金してウクライナ人を支援することができます。

寄付オプション1 寄付オプション2